Moblin 2.1 の研究

以前から気になっていました、解像度の低いコンピュータ向けの UI をもつ Moblin を試してみました。 とりあえず ライブ USB で ThinkPad / IdeaPad で起動してみることに。

最近ネットブックとかに Windows とは別に、起動選択でブラウザとメールくらいが高速起動でつかえる機能がついているものがありますが、あれのすごいやつだと思ってもらえれば正解です。 🙂

HOME | moblin.org/jp

Moblin は、The Linux Foundationが主催するモバイル端末向けのLinuxディストリビューションで、ネットブックやMobile Internet Device(MID)、In-Vehicle Infotainment(IVI)向けのソフトウェア技術、アイデア、プロジェクト、コード、アプリケーションを共有するオープン・ソース・コミュニティです。

いまのとろこ、ネットブック/ネットトップ向けのリリースが成果物の中心となっていますが、これらをカスタマイズして MID など小型コンピュータにいれていくのだと思います。

ベースは Linux で、その上に OpenGL を使った描画ライブラリの Clutter や、解像度が低い PC 用への UI ツールキットなどの Moblin のキモがのっていくイメージに見えました。 このうわものを各ディストリビューションに移植した Ubuntu Moblin や Fedora Moblin などもあるようです。(本家の Moblin は Fedora ベースの for Intel ってな感じでしょうか)

てなわけで、

ごう、もぶりん!

moblin01

噂通りの超高速起動で、 USB メモリからですが、おそらく BIOS から 12,3 秒くらいで起動してしまっている気がします。 とりあえずアニメしたりしてめんこいです。 🙂

moblin02

しばらく使っているとトップ画面はこんな風に。 おもしろいのがデータを使った履歴がサムネイルで真ん中の縦列に表示されることです。 見た Web ページや画像、動画などなど。 アプリ指向ではなくデータ指向でつくられていることが伺えます。

右の縦列は外部的な時系列なデータの動きがでるようになっているようです。 Last.fm と twitter がとりあえず標準で対応していました。 左の縦列は登録していた未来、予定や TODO などが出るようです。

基本的に Linux/GTK ベースなので一般的な UNIX アプリは動きそうですが、本領を発揮するのが Clutter と Moblin UI をつかってできているアプリだとおもいます。 基本はフル画面。 iPhone のアプリを想像してもらうといいかもですね。

まずはブラウザ。 Firefox ベースですが、小さい画面でうごくように UI が再設計されています。 2.1 からアドインも使えるようになっているようです。

moblin03 

でもってメーラです。 ベースは不明。。(笑)

moblin04 

タブがつかえる模様。

アプリのランチャーです。 GNOME DO みたくアプリ名入力でしぼっていけます。

moblin06

当然マルチタスク対応ですのでアプリのスイッチャーがあります。

moblin07

仮想デスクトップみたいになっていて、フル画面じゃないアプリも(普通の GTK っぽいアプリ)を配置できます。 スクリーンショットでは画面1(左)で動画を再生していますが、スイッチング中の縮小表示でもちゃんと動いているのはさすがといったところです。 🙂

まだ Moblin ネイティブ(?)的なアプリが少ないようで、ブラウザ、メーラ、メディア再生がそれっぽくなっていて、残念ながら TODO やスケジューラはいまいちな感じでした。 もちろん Evolution とかも動くのだと思いますが、今後各アプリとも UI を Moblin にあわせたものがそろって本領発揮といったところだと思います。

アプリの開発環境も(なんとなくの予想ですが) Python バインディングもでてきそうな雰囲気なので、できたら手軽におしゃれなアニメ UI がつくれるようになりそうですね。

ちなみにこのネットブック版、完成度ははっきりいってしまうとまだまだです。 特に日本語環境は、本気で使おうと思うと対応はしていますがやばめっぽい。 あとメディアが DNLA サーバみてくれなかったんです~。 対応しているハズなんですが。。 あと、IdeaPad では無線LAN が使えませんでした、ThinkPad X61 は OK。

まぁまぁネットブック向けにリリースされているものはコンセプトモデルも兼ねていると思いますので、これを各社カスタマイズしてコンピュータにいれて出荷するのが本流かと思います。 さっくり起動してきれいに動く感覚はこれで十分わかりそうです。

とりあえず紹介動画とかみてたのしげな夢を見てみることにします。

かわいすなぁ。 🙂

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。