Eclipse Indigo リリース

少し前になりますが統合環境 Eclipse の新版 Indigo がリリースされました。 🙂

てなわけで休日をつかって Ubuntu にインストールです。 Linux 版 Eclipse ってあんまりスクリーンショット載せてる人見かけないので見てってください= ヨーロッパでは Eclipse ユーザの 3割くらいは Linux とどっかに書いてたのですが(笑)。

Eclipse.org – Indigo Simultaneous Release

Indigo is the annual release of Eclipse projects on June 22 2011;
this year 62 project teams are part of the release.

Eclipse最新版「Eclipse Indigo」登場 – 62プロジェクト同時公開 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

Eclipse Foundationは6月22日(カナダ時間)、Eclipseの最新リリース版となる「Eclipse Indigo」を公開した。EclipseはJavaをはじめ様々なプログラミング言語に対応した統合開発環境。プラグイン構造を採用した高い拡張性が特徴で、代表的な開発環境のひとつとされている。

今回は残念ながら PHP Developer 版はメンテナさん不足で本家からのリリースはないそうで、その場合は Pleiades All in One さんからディストリビューションリリースされているので使わせていただくと良いと思われます。

というわけで、ぼくは本家 JEE 版から入れてみました。 今回のリリースのポイントのひとつとなっている WindowsBuilder は EE には入っていないので別途入れてみました。 SE 版では標準です。

WindowBuilder

WindowBuilder is composed of SWT Designer and Swing Designer and makes it very easy to create Java GUI applications without spending a lot of time writing code.

アップデートサイトがありますので、いつも通りの感じでインストールできます。

いざ実行。

indigo02

XWT がちょっと目を引きますね。 🙂

Indigo にあわせて SWT 3.7 もリリースされています。 Linux で SWT 使っている人もあまり Web でみかけないので WindowBuilder / SWT のスクリーンショットのせておきますです。

indigo01

この手のは案外レイアウトマネージャのこととか知らないと、うまく使えなかったりするので逆に難しい時もありますが、固定位置合わせとかは便利そうですね。 イベントハンドらの生成とか JFace のデータバインディングとかまだみていませんが、そのうち遊んでみるです。

その他、Groovy-Eclipse とか Subclipse とかいつも使っているものは、ぱらっとさわった限り Indigo でも大丈夫そうです。 Android のプラグインも入りました(ただ、こちらはまだ入れてみただけです)

統合環境新しくなると、なんかつくってみたくなるのはなぜなんでしょう。(←逆ですわな。

mikumiku

さて、DX7 色。 こちらも届きましたぞ。 すごいね、ねんどろいど。 🙂

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。