さくらの VPS と Apache Tomcat7

突然ですが、さくらの VPS を借りてみることにしました。 🙂

当初はこの VPS に家から VPN でつなぎっぱなしにして、うちのローカルサーバの一部の機能を外に出す使い方を考えていたのですが、まぁ実際そこまでする要件もなさそうなので断念(一応、Android からの接続もできたのですが)。

というわけで、Groovy とか Rails とか PHP 以外のアプリケーションが動作するお遊びサーバとしてスタートです。

最近だとたまにこのサイトでもでてきます、Cloud Bees とか dotCloud とか無料の PaaS つかってもその手のアプリは割と簡単に動かすことができるのですが、無料だとドメインマッピングに制限があったり、ちょっと不自由。 お金を払うとなると VPS と同じくらいかもっと高い料金になりますので、自由度の高いほうに転んだ感じです。

あ、ちなみにここ .another はそのままコアサバです(笑)

というわけで、アプリケーションサーバ選択。 OS はさくら標準の CentOS 5.5 のままです。

Jetty にしようか Tomcat6 、いやいや Tomcat7 でしょ、とか、ここで GlashFish とか。。 しばし考えて、あまり根拠もなく Tomcat7 が選択される。 7 は初めて触りますが、勝手知ったるなんとかでなんとなかるでしょう? 😀

Java6 は Oracle 提供の .rpm を、Apache httpd と PostgreSQL は CentOS のパッケージのものを。 Tomcat7、Groovy は それぞれからの提供のものを /opt に展開インストール。

そういえばバーチャルホストでトム設定するの初めてだったので微妙にてこずりました。。

Groovy のパス設定。(ファイルつくる)

[root@capibara ~]# cat /etc/profile.d/groovy.sh 
# groovy
PATH=/opt/groovy-1.8/bin:${PATH}

ポスグレの表領域位置指定。(標準で /home にパーティションきられているので表領域を /home/postgres に移動。 サービス起動前に前に以下のファイルつくる)

[root@capibara postgres]# cat /etc/sysconfig/pgsql/postgresql 
PGDATA=/home/postgres
[root@capibara postgres]# chkconfig postgresql on
[root@capibara postgres]# service postgresql start

ポスグレ initdb 等。(たとえばユーザつくって redmine の DB 作成の図)

[root@capibara home]# su - postgres
-bash-3.2$ 
-bash-3.2$ initdb -D /home/postgres/
-bash-3.2$ createuser -P redmine
Enter password for new role: 
Enter it again: 
Shall the new role be a superuser? (y/n) n
Shall the new role be allowed to create databases? (y/n) y
Shall the new role be allowed to create more new roles? (y/n) n
CREATE ROLE
-bash-3.2$ createdb redmine -O redmine
CREATE DATABASE

Tomcat7 バーチャルホスト設定。 $CATALINA_HOME/conf/server.xml の Engine に追加。

<Engine name="Catalina" defaultHost="localhost">
  <Host name="apps.maple4ever.net"
     appBase="apps.maple4ever.net"
     unpackWARs="true"
     autoDeploy="true" />
</Engine>

$CATALINA_HOME/apps.maple4ever.net のディレクトリを作成。 ちなみに adduser tomcat して、$CATALINA_HOME 配下を tomcat 権限に、また Tomcat は同ユーザで commons-deamon 起動しています。クラスパスの jar が 6 と違うので要注意。

このディレクトリに .war 入れるとファイル名をコンテキストパスとしてデプロイされます。

Apache のバーチャルホスト及び mod_proxy_ajp 設定。 指定のコンテキストパスを Tomcat になげます。 /etc/hosts や /etc/sysconfig/network なども設定のこと。

[root@capibara www]# cat /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf 
 
LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
 
NameVirtualHost *:80
 
<VirtualHost *:80>
   ServerName unknown 
   <Location />
      Order deny,allow
      deny from all
   </Location>
</VirtualHost>
 
<VirtualHost *:80>
   ServerName apps.maple4ever.net 
   <Location /captcha-grails>
      ProxyPass ajp://apps.maple4ever.net:8009/captcha-grails
   </Location>
   <Location /click-examples>
      ProxyPass ajp://apps.maple4ever.net:8009/click-examples
   </Location>
</VirtualHost>

Location でおしり / なしにすると、スラつけなくてもいい感じに飛ばしてくれるようです。

てなかんじで、端折っているのであんまりメモにもなっていませんが(笑) 実際には、iptables の設定なども加わるでしょう。

Groovy + Grails のサンプルアプリ。(そのうち消えます)

sakura2011072402

Apache Click のサンプルアプリ。(そのうち消えます)

sakura2011072403

やぁ、動いた!

さすがに JVM だけあってさくさく動きますね。

sakura2011072401

さくら VPS はメモリ 1G のサーバにしていますが、これで残りメモリ 400M ほど。 ポスグレがフル稼働していないのでなんともですが、アプリが 1つか 2つは動きそうな感じです。

さて、何して遊びましょう。 🙂

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。