プログラマが愛に悩む理由

プログラムを書く人間は、異性に対して手が早いか遅いかで二極化される傾向がある。 いま、ふと手が遅い人間が多いのが何故なのかが分かってしまった。

手の遅いプログラマは、本来は解けない愛の方程式に苛まれ、一生懸命計算をし続け、幾度ものオーバーフローを繰り返し再び0から計算を始めている。

愛の方程式が以下だと仮定する。 

i = i + 1;

ゆえに、この式に違和感を感じたとき、つまりこの式が

i == i + 1

だというに気がついたとき、彼らは計算をやめ、自分らしく生きることができるようになる。

おわり。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。