牡蠣ごはんと Fable II

厚岸の牡蠣キター! ということで牡蠣ご飯をつくりました。 生でもいくつかいただきましたが、厚岸(あっけし)の牡蠣はうまいっすね。。 🙂

DVC00083

先日、雪が降らない、みたいなことを書いていたらようやく振り出しました。

DVC00002

まだ、積雪5センチといったところですが道路も圧雪状態です。 気温も下がりつつあります。

IMG_0008

まぁ、-13 度といっても家のなかは暖かいのでいわれなきゃ気がつかないのですが・・・。 うちは耐熱性が高いらしく、暖房つけなくてもパソコンの廃熱くらいでぜんぜん平気なんですよね。。(笑)

さて、先日買った Xbox 360 用 RPG、Fable II ですが、お正月にゆっくりやろうかと思っていたら、面白くてメインストーリ終わらせてしまいました。

といっても終わった後もこの世界、アルビオンの住民の生活は続き、やっていないお楽しみを引き続きプレイすることができますので、この後もぶしぶし敵をたたくことでしょう。

CEROレーティング Z (R18)ってことで全体的にどことなく暗く(ファンタジー映画のあの感じです)、そしてダークに遊ぶとそれこそダーク。 世界の中でいくらでも悪いことができてしまうのがこのゲームの最大の魅力かもしれません。

自己犠牲善行のペナルティーがもっときつければ、主人公の苦悩すら表現できたのかもしれません。 このへんは意外とぬるく調整してあるので、比較的選択が善行に流れやすいのですが、それでも、自己犠牲で自分の経験値オーブが体から噴き出して弱くなっていく演出は圧巻。

敵と戦うアクション部分もオブリビオンの10倍良くできていて早く次の敵でてこないかな~って気分になりますし、街人の AI も隙はあるもののちゃんと生活している感じがします。 街人の自分への評価値とストーリがもっともっとからむと面白かったのですが、この辺は次回のお楽しみと言うことで・・・ 🙂

感情移入できるよう描写されたビアンカとフローラの2択結婚の世界が好みか、情報はステータスしかない世界の誰とでも結婚できる世界が好みか、この辺で評価が分かれるくせのあるゲームですが、ぼくは面白いと思いました。

想像力を働かせるのが得意な方はやってみてください。 しかしながら、R18 だけあってドラクエでは表現できないカップルのお楽しみの描写はあります(笑)

てなわけで、お正月にすることなくなっちゃった。。 😛

このエントリーをはてなブックマークに追加

牡蠣ごはんと Fable II” への2件のコメント

  1. 牡蠣ごはんおいしそー。この時期たいてい
    このエントリあがってきてるような。
    殻つきの牡蠣は手に入らないかもだけど
    真似ごとくらいできるかも。。
    レッツトライです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。