Google Android を獲りにいく

Google 携帯電話のプラットフォーム、Google Android(アンドロイド) の SDK(ソフトウェア開発キット) が公開され、同時にGoogle Android アプリケーションのコンテストが行われるらしい。

その賞金総額、なんと1000万ドル、 11億円・・・

深夜に Skype チャット上にあつまった我々の欲望は頂点に達していた。 新しい PC が欲しい、、液晶タブレットが欲しい、すすきのでのんだくれたい、、11 億という金はたとえそれが総額だったとしても、一つ賞を獲ればこんなちっぽけな欲求をかなえるには十分だった。

Google、Android向けアプリ開発コンテストを主催、賞金1000万ドル – Engadget Japanese

プレビュー版SDKが公開されたAndroidプラットフォームへの関心を集め開発者コミュニティを振興するため、Googleがアプリケーション開発コンテストAndroid Developer Challengeの開催を発表しました。プロ・アマチュアを問わず広く一般の開発者に対してAndroid用アプリケーションの開発を呼びかけるもので、優秀なソフトウェアに与えられる賞金総額はなんと1000万ドル、11億円以上。また応募作品の権利はもちろんすべて開発者が保持します。

何か造るしかない。 Skype 上でのミーティングは深夜、早朝までに及んだ。

そしてひとつの画期的なアイディアがぼのによって出された。 ログによると時刻は 28 時。 午前 4時。 おでは黙ってそれを聞いていた。

ぼの「Google ロボ。」

ひろまさ「それだ。」

ぼのによってデザインされた Google ロボは、ひろまさの手によって命が吹き込まれた。

・・・。

液晶タブレットまでの道は果てしなく遠い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Android を獲りにいく” への5件のコメント

  1. ピンバック: links for 2007-11-25 -> As a Futurist...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。