iPod touch のオフライン活用と iSort 導入

ぼくの生活にかなり溶け込んでいる iPod touch ですが、意外にオフラインでの活用をしていることも多いです。 CLIE とか持っているときもそうでしたが、データをたくさんつめこんでビュアーとしてぱっととりだして使うのが好みなのです。

CLIE でいうと Piloweb での ”Web 切り出しオフ読み”は、現在 touch では Free RSS というオフ読み対応 RSS リーダになっていますが、じゃー「Pico」はってことで、iSort を導入してみました。 🙂

Pico というのは Palm で使えるいわゆるカード型データベースソフトです。

Palmware/Pico – PDA Palm CLIE – livedoor Wiki(ウィキ)

Palmでデータベースを見るためのソフト。PCで作ったCSVファイルをPalmに転送してみることができる。

  • Pico Palm上の閲覧ソフト。
  • P2conv PC上のCSV⇔Pico DBコンバータ。

きっと同様なソフトが iPhone/touch にもあるだろうということで探してみたところ、iSort というのがよさそうでした。 というか、こればっちりです。 🙂

iPhone Code » iSort

iSort V1.4 tutorial will be available soon. A full doc is being written.

iSort V1.2 is a database manager, a software which allows to manage records, and then browse and search those records.

サイトが WordPress 使っていますね!

カード型データベースというのは、、データを自由にカラムわけして格納して見やすく表示するたぐいのアプリといえばいいのでしょうか。 もちろん、データは本体の中。 オフなのでオンよりも超高速。 あとは、オンラインと違って必ずみれるという安心感があります。

どんなものかは画面紹介したほうが早いということで、一部ぼくのデータベースを特別公開、、

CSS 虎の巻。。

はい、ポケットリファレンスいつも持ってるわけではないので…。

データ一覧表示。 touch のいつものインターフェースでデータをスクロールできるのが快感であります。 カラムを縦にサマれるのが素敵です。 🙂

iSort12

ぽちと押せば、その内容が表示されます。

iSort14

こういう風に普通のデータベースと同じように(?)、カラムを設定して内容をいれることができます。 カラムの属性も豊富です。 たとえば”内容”カラムは改行ありテキストなので Long に設定とか。

iSort13

ほかにもいろいろ設定できるみたいです。 日本語も UTF-8 ならうまく扱えます。 検索も大丈夫そうです。

で、元データはどうやってつくるんですかという話ですが、これが iSort のよくできているところで、iSort が起動するとポート 50000 に Web サーバがたつので PC のブラウザを使ってケーブルレスで管理することができます。

CVS のインポートも可能なので、一行目をカラム名とした UTF-8 CVS を作成します。 こんなのつくる。

iSort03

で、CSV でファイル書き出して、ブラウザから import を選択。

 iSort01

Send して、touch 側に以下の表示がでれば成功です。

iSort11

う~ん、いいっすね~。 理想的です。 もちろん、touch 側で修正した内容を PC にエクスポートすることもできます。

ということで、iSort に HTML だの CSS だの JavaDoc だののリファレンスいれてあげればどこでもひくことができて心強いですね。 ちょっと大量データだと CSV つくるのが苦労かもですが、そこはスクリプトとか知恵と勇気で。 🙂

まぁぼくは仕事柄こんなデータになりますが、きっとみなさんいろいろデータをもたれていると思うので、カラムを設計してどんどんいれていってみたら面白いかもしれません。 オフでいつでも見れるのは結構快感なものです。

てなわけで、オフラインといえばほかにもそういう用途のアプリをいくつか入れています。

まずは、前もでてきましたが Files Lite。 いろんなファイルをみることができます。 こいつも WebDav サーバがあがるパターンのソフトなので、ケーブルつながないでファイルをぽいっと転送できます。

ぼくはよく、Firefox で HTML 保存してそのままメモ代わりに転送してしまっています。 たとえば、WordCamp のとき。

files01

で、HTML みればいいです。

files02

内蔵の safari の動きがつかえますので、ズームインとかの操作も同じ。 便利っすねぇ。 でかけに地図とか住所とかよく転送しています。

あとは和英・英和辞書。 i英辞郎くん。 両方いりで 1000円とか普通ありえねーっすね。(笑)

iEijiro01

iEijiro02

え、あなた英語使わないでしょ? って?。。

実は何に使うかというと、お客さんによってはソースコードの変数名とかデータベースのカラム名がローマ字禁止なので和英を使うのです(大笑) 携帯電話にもオフの辞書ついていますが、さすがに語彙が少ないんですよね。 1000円なので大変お買い得であります。

ということで iPod touch のきれいな液晶とタッチ操作は、はまるとビュアーにもずいぶん使えますね。 iPhone くんがいるのでオンラインに注目されがちですが、オフ環境もかなりいけていると思います。

touch なら月額かからないですし、一台いかがですか?(笑)

iPod touch がお気に入っている

一昨年くらいにかったものですが、iPod touch が今もお気に入りです。 最初は jailbreak してアプリいれていましたが、最近は公式が充実してきているので監獄に入ったままになっています。 本来音楽プレイヤーのはずですが、なにか昔持っていた CLIE (Palm) みたいなイメージで使っています。

CLIE と圧倒的に違うのが、無線LANを装備していてある程度の CPU パワーと、PowerVR 由来の強力な描画エンジンを持っているので、PC に頼らずともこの機械自らいろいろできることです。 Palm は母艦ありきなので、そこにはやはり電源をいれなきゃいけないおっくうさがあったのです。

関係ないですが実はうちの無線 LAN は、10b。 iPod 専用 🙂

友達からいただきものを使っていたのですが、どうもパワーが弱いのか近くでもアンテナ 1本。 あと、ノートPCも NintendoDS も繋がらないというまか不思議。

最近は iPod touch も面白いので、ちゃんとしてみようということで 10g のを新調してきました。 今買って 10n じゃないのがあほですが、うちの中は基本有線なのでいいのです(笑)

実はこれはモバイル用で、主にホテルとかでさして使うものです。 出張行くときとかにもいいかなと思って買ってみました。 某電気屋さんで2980円でした。(定価かっ。。)

ホテルってわけわからないところに、LANケーブルでてたりするので、こういうの持っていると便利かもしれません。

てなわけで、iPod touch も、いままで繋がらなかった ThinkPad くんもつながって大満足です。

DVC00104

わけわからんことになっていますが、つけっぱなしで熱くなるような気がしたので 余っていたCPU のヒートシンクを上にのっけています。 これって本気で結構有効ですよ(笑) うつってませんが、青色LED ぴかぴかしていてきれいです。

さて、この無線LAN を活用する iPod touch のアプリ達。

touch01

まずは標準アプリ、お天気。。 意外と使えます。

touch02

あと標準では「メール」も IMAP の対応が良くて、家の IMAP サーバみるのに便利です。

 touch12

次は、RSS リーダ「Free RSS Reader」。 なんか名前が怪しいですが、App Store に確認され登録されているものなので大丈夫でしょう。。 良くできています。

touch03

当然、オフ読みにも対応。 朝起きたときにリロードしておくだけで電車の中でニュースが読めます。

ぼくはいろんなニュースサイトの全文 RSS を強引に1つ生成して、それを読ませる形にしています。 ページ送りボタンが右上なのが片手操作でちょっとつらいですが、Palm の PiloWeb みたいに使えます。(この辺はジョグダイアル装備の CLIE に一日の長ありか?!

touch04

次はまえもかきました、「Files Lite」 PDF、HTML などのドキュメントを、無線LAN 経由で iPod touch 内部に PC から WebDav 経由で転送でき、それを閲覧できます。

touch06

お客さん先でインターネットつなげないことが多いので、メモをいっぱいいれておくと便利です。 Palm の Pico みたいなデータベース系もあるといいのですが、まぁテキスト入るだけでも十分。 iPod touch の操作感が目次、検索のできなさを補ってくれます。

touch07

次はそのまんま「テレビ番組表」 テレビの近くに iPod があるときに便利であります。

touch08

最後、無線LAN がついててよかったと思わせるネットラジオプレイアー、SHOUTCast アプリ。 nullsoft さん純正。 こりゃ、いいよ。

touch09

ストリーミングでネットラジオがかかります。 本体に曲いれなくていいんじゃ、みたいな。(笑)

touch10

使ってないときは置き時計に。 数字が並んだので記念に。。

touch11

というわけで、こんなにいろんなことができて 27,800円とは意外とやります。 もう一声 19,800 円だと手放しにお勧め。。 もうちょっと開発系がオープンだとなおいいのですが、まぁそもそもぼく C できないしいいか~(笑)

あ、そうそう KONAMI の Dance Dance Revolution もめちゃめちゃできがいいので遊んでみるといいかもです。 とりあえず何はなくても音がよい。 まだ体験版なので無料です。

寝ながら twitter とか、寝ながらメールとか、寝ながら Web とか、寝ながらラジオとか、寝ながらゲームとか、寝ながら俗に最適なガジェットだと思います。。 無線 LAN の環境が整っている方は買ったらいいかもしれません。 touch もカラーバリエーションあればいいのにね。 🙂

iPod touch に Files Lite をいれてみる

いろいろアプリとかいれられるので、以前買った iPod touch は結構お気に入りでつかっています。 無線LAN とばしてるのなら、寝付けないときに寝ながら Yahoo とか暇つぶしになかなかいい感じです。 暗闇で液晶見ているといい感じに眠くなるし(笑)

さて、むかしぼくは Palm (CLIE) もっていたので、この手のデバイスにデータをいろいろつめこんでいつでもみれるようにしておく、、というのは比較的昔からやっていました。 iPod touch は無線がうけられるので、シンクロなどせずとも直接自分でいろいろできるのが良いところ。

昨晩、App Store みてたら Files Lite という無料ソフトが面白そうだったのでいれてみました。 いろいろな種類のドキュメントをいっぱいつめてみれるらしい。 なんでも、Microsoft Office ファイルや PDF もみれるらしい。

IMG_0005

WebDAV で無線LAN 経由で直接ファイルをおくれる、、こりゃいい! ケーブルつながなくても Ubuntu とか Windows から iPod にファイルを転送できます。

Windows だとネットワークプレースの追加だっけ、あれです。 GNOME は標準で dav:// ハンドラサポートなので、Files Lite にユーザ名・パスワード設定して URL にiPod の IP アドレスとユーザ名いれればよいです。(パスワードは GNOME がきいてきます)

Files Lite アプリ起動中に WebDAV サービスがいっしょにあがる仕組みのようです。

dav://hiromasa@192.168.0.4:8080/

とりあえず、vi と emacs のコマンドのかいた HTML 文書と、PDF をいれてみました。 WebDAV なのでファイル名日本語もうまいことやってくれるようです。

IMG_0006

ぴ。

IMG_0007

・・・完璧ですね(笑) iPod touch 特有のするするスクロールも気持ちよく働いてくれます。

HTML もみてみましょう。

IMG_0003

よいよい。 Safari と同じように拡大縮小も自在です。

ぼくらはお客さんさきでインターネットつかえないとかよくあることなので、この手の資料はいろいろ持ち歩いておくといざってときに便利です。 CLIE のころは、Pico という JFile 形式のデータベースにいろいろいれてありました。

Files Lite はファイルビュアーなので、grep 検索とかはできませんが、工夫次第でなんとかなるでしょう。(ザウルスのアクションプランナーをなぜか一瞬思い出してしまった。。

Lite ということで、容量が 200M という制限があるそうですが、制限に達したら買ってもいいくらいのソフトですね。 iPod touch をオフラインでもいろいろ活用したいなーと思っている方はいれてみるといいかもしれません。

 DVC00047

ちなみに、ぼくの touch、音楽は 140M しかはいっていないようです。。(笑)

公衆無線LAN を使ってみる

iPod touch には無線LAN がついているのですが、つい面白くて出先でどっかにアクセスポイントないかな、、とサーチしてしまうことが結構あります。 で、まぁちょっと外に出て、ぽちっとするとあるはあるわ無線 LAN。 🙂

基本的にどこから漏れてきている電波をうけているだけで、いわば鍵付き。 ほぼ WEP の認証がかかっていますが、中には bbuser なんてどうみても Yahoo!BB ユーザ無線 LAN が認証なしででていたり・・・。

ちなみに、 WEP の暗号はいまや割と簡単に解けてしまうみたいなので、まぁまぁご注意ください。 中には Linux Zaurus 用につくられたモバイル可能、実践的なドライバとデコーダまであるようですね。。 (暗号を解いて通信を傍受できるのと、そのネットワークに参加できるかはまた別な話ですが)

で、そんな話はおいておいて(←いいかげん)、今日なんとなくお昼にコーヒーをのみにロッテリアにはいって、ぽちっとしてみたら、なんとなく公衆 LAN っぽい名前が見えたので参加してみる。

でけた!

ブラウザあげてみたらポータルにとばされ、そこを読んでみると、なんと 12 月からはじまった、iPod touch 用の試験的公衆無線 LAN サービスらしい。

ワイファイン│Wi-Fi体験キャンペーン

Pod(R) touchといつも一緒なら、Wi-Fiを使わないのはもったいない!外出先でネットにつながる楽しさを、まずは「Wi-Fine」で体験しませんか?駅・カフェ・ファーストフード店などから「Wi-Fine」にアクセスして、この機会に、ぜひiPod(R) touchの本当の魅力をエンジョイしよう!

2末で終了してしまうようですが、せっかく無料なので登録してみました。

東京はアクセスポイントもかなりあるみたいですね。 京急とゆりかもめつかえるのかー。 前東京住んでいた頃なら、ずばりだった。。 札幌はロッテリアとプロントと空港かな。

いくつか接続に制限あるみたいですが、お昼に RSS とメールとるには十分です。 あした早速やってみたいと思います。

これで携帯のパケット量少し減るかな? ドコモさんごめんなさい、、まぁ NTT-BP だからいいっしょ。 え、Mzone つかえって? 🙂

iPod touch で RSS をオフ読みする

昔からインターネットを電車とかの中でオフ読みするのが好きでした。

Palm (CLIE) も持っていて、当時は RSS なんかなかったわけですが、PiloWeb とかつかってニュースサイトを切り貼りしてシンクロして暇な時間に読んでいました。CLIE はサイドにジョグダイアルがついていたので、立ちながらでも片手でぴこぴこできたので便利で愛用していました。

Palm の最大の問題点は、必ず PC でシンクロしなければならないことで、家を出る前にシンクロしてもっていく感じでしたが、PC 起動する時間がないときは不便なわけです。

で、iPod touch。 ちょいちょいみていたら、MobileRSS というアプリがバージョンアップしてオフ読み対応しているじゃありませんか! 他にも opml からの RSS インポート、時起動での取得などいたれりつくせり。

しかし、まだ安定しているとはいえないようで、かなりぽこぽこおちます。

おちるんなら、おちなくすればいい精神で、なんとか安定させるに至る。 アプリ起動直後落ちる場合は、自動取得をオフにしたり、メニューで3分くらいまったりするとあがるようです。 また、opml でいっぱいフィードたべさせるとパーサーがやばいみたいなので、最初は絞りましょう。

フィード一覧。 フォントとかもいろいろ設定できる模様。

 touch2

中身を見る。 description 項目が表示されるようです。 変換して強引に全文をいれました。

touch3

XML のパースにちょっと不具合があるようなので、よめないフィードとかもあるみたいです。 ぼくは、自前でいろんなフィードを合成して MobileRSS でよめるように RSS を再生成させて使っています。

書くまでもないですが、Palm と違って全て iPod touch 上で処理されていますので、無線LAN さえつながっていれば、寝ぼけながらでも朝起きて更新ボタンをぽっとおすだけで最新のフィードをローカルのストレージに取得できます。 (自動起動しておけば、勝手にもってきているかも 🙂

こうなっちゃうと PiloWeb 精神でなんでも、RSS つくりたくなってくるわけで、いろいろごちゃごちゃとやるわけであります。

じゃじゃうまをならすのが好きな方は是非おためしください。

Google Android を獲りにいく

Google 携帯電話のプラットフォーム、Google Android(アンドロイド) の SDK(ソフトウェア開発キット) が公開され、同時にGoogle Android アプリケーションのコンテストが行われるらしい。

その賞金総額、なんと1000万ドル、 11億円・・・

深夜に Skype チャット上にあつまった我々の欲望は頂点に達していた。 新しい PC が欲しい、、液晶タブレットが欲しい、すすきのでのんだくれたい、、11 億という金はたとえそれが総額だったとしても、一つ賞を獲ればこんなちっぽけな欲求をかなえるには十分だった。

Google、Android向けアプリ開発コンテストを主催、賞金1000万ドル – Engadget Japanese

プレビュー版SDKが公開されたAndroidプラットフォームへの関心を集め開発者コミュニティを振興するため、Googleがアプリケーション開発コンテストAndroid Developer Challengeの開催を発表しました。プロ・アマチュアを問わず広く一般の開発者に対してAndroid用アプリケーションの開発を呼びかけるもので、優秀なソフトウェアに与えられる賞金総額はなんと1000万ドル、11億円以上。また応募作品の権利はもちろんすべて開発者が保持します。

何か造るしかない。 Skype 上でのミーティングは深夜、早朝までに及んだ。

そしてひとつの画期的なアイディアがぼのによって出された。 ログによると時刻は 28 時。 午前 4時。 おでは黙ってそれを聞いていた。

ぼの「Google ロボ。」

ひろまさ「それだ。」

ぼのによってデザインされた Google ロボは、ひろまさの手によって命が吹き込まれた。

・・・。

液晶タブレットまでの道は果てしなく遠い。

iPod touch 用に動画をエンコードする

事前に言っておきますと、ぼくは動画エンコードに対する知識はほとんどありませんので、検索エンジン等から深い情報を求めて、ここにたどり着いてしまった方ごめんなさい。。 🙂

というわけで、iPod touch 用の動画ですが試行錯誤のうえ、ffmpeg で以下のようにエンコードすることにしました。 普段使っている PC でエンコードすると、精神衛生上いただけないので、サーバにしている Linux 上でやっています。 Windows や Mac でも ffmpeg をどこかから用意すれば同様にできると思います。 

ちなみに、ffmpeg はコンパイルオプションやバージョン、派生バージョンによって結構挙動が違うみたいです。 ご注意ください。

iPod touch は、H264 (mpeg4 AVC)とただの mpeg4 の再生に対応しているようです。 で、H264 のほうが綺麗(低ビットレートでも OK)なんですが、エンコードに時間がかかり(体感ですが mpeg4 の 2,3倍かかる?)、またエンコーダの動作をうまく安定させることができなかったので、ノーマル mpeg4 をつかうことにしました。

どうせ、touch でしか再生しない動画なのでお手軽な方に。 容量も、touch 内にずっと保持しておくような使い方はしないので、多少大きくても問題ないっす。

ビデオソースは PV です。 PV ってかなり動きが大きく、光の濃淡表現も多いのでビットレートは相当あげています。 テレビの録画とかなら半分くらいでもいいはずです。

ffmpeg01

で、つくってみた ffmpeg のパラメータ。 2 パスエンコードしています。

ffmpeg -y -i [入力ファイル].[拡張子] -pass 1 -passlogfile ./[入力ファイル].log -deinterlace -s 432×320 -b 1000k -aspect 4:3 -ac 2 -threads 2 -vcodec mpeg4 -an -f mp4 [入力ファイル].mp4

ffmpeg -y -i [入力ファイル].[拡張子] -pass 2 -passlogfile ./[入力ファイル].log -deinterlace -s 432×320 -b 1000k -aspect 4:3 -ac 2 -threads 2 -vcodec mpeg4 -acodec aac -ab 192 -f mp4 [入力ファイル].mp4

# ↑ × は 英文字エックスに置換すること。

-deinterlace (インターレス解除)は、ソースによっては不要でしょう。 ぼくは手持ちの DVD から取り込んでいるのでいれています。

動画が 16:9 の場合、-aspect(アスペクト比の設定)を 16:9 に。 サイズは 480×272 にしておくと良いそうです。(ちなみに touch の液晶解像度は 480×320 の変則です)

2パスエンコードしているので、PV でもビットレートは 768K くらいでもいいと思います。 若干ざらついたので適当に 1000K まであげています。

ffmpeg ベースの GUI ツールも結構でているようなのですが、バッチエンコードしたかったので本家の ffmpeg を使っています。 いつも同じことしかしないときは、GUI は逆に面倒。

Windows のファイル共有でつないだLinux ディレクトリを対象として、動画ファイルをそこにコピー。 あとは適当にかいたシェルを Linux でキックして全てエンコード。 GNUpod を設定すれば iPod に転送まで自動でできるでしょう。 ほっとけるので便利です。 🙂

iPod touch での再生ですが、最初アスペクト比がファイル設定通り反映しないーーと思ったら、動画再生画面でフルスクリーン設定していました。。 orz  動画の上でダブルタップすると即時で純アスペクトと、画面に入らない部分を削除して再生するフルスクリーンモードを切り替えられるようです。

あとは、なかなか綺麗に再生してくれています。 PC のモニタの液晶より発色よい。 😛

さー、これでパラパラの練習ができるよ?(笑)

iPod touch キタ!

久しぶりに物欲をかき立てられ、ポチっと買ってしまった iPod touch が今日届きました~。 Apple Store で買ったので、月末くらいになるかなと思ったのですが意外に早く届いてびっくり。 黒にゃんこさんがしずしずと持ってきてくれました。 🙂

Img_0673

実はこの手の音楽聴くデバイスで、マスストレージで音楽転送できないものは、融通が利かなそうであんまり好きじゃなかったのですが、今回は物のかっこよさと、なにか感じる将来性に負けてしまいました。

事前に気になっていたのは以下の点。

  • 今回の iPod から、本体が iTunes DB をハッシュでベリファイするようになってしまい、サードパーティーのツールが使えなくなっている。
  • 勝手アプリのインストールハックが難航していた。

特に1番目の iTunes 以外のソフトで転送できなくなった点については、UNIX 界隈から非難囂々だったようでしたが、2日後にハックされ転送できるように。 また、勝手アプリも “監獄破り” にてハックされ無事、iPod touch はぼくらの自由になったわけであります。 ありがとう、ハッカーのみなさま。

でもって昨日ニュースサイトを見ていたらなんと、来年になりますが Apple から公式 SDK (software development kit) がでるそうで、なお面白くなりそうですね。 CLIE の代わりになってくれるといいのですが。 🙂

さて、我が家に届いた touch ですが、無線 LAN の設定も早々に音楽も転送する前に、 jailbreak して早速 telnet 。。(笑) (あんまり聞きませんが、 jailbreak は iPod 壊すかもしれませので自己責任で…)

iPod

良いじゃないですか~。

Darwin iPod 9.0.0d1 Darwin Kernel Version 9.0.0d1: Thu Sep 20 00:27:53 PDT 2007; root:xnu-933.0.0.203.obj~24/RELEASE_ARM_S5L8900XRB iPod1,1 Darwin

我が家初めての MAC OS X ? 🙂

まだ、サードパーティーツールからのファイル転送 / iTunesDB 更新がうまくいっていないですが、かなり遊べそうです。

標準搭載の機能もできが良く、しばらく youtube みて遊んでいました。。 ブラウザも素早く直感的に動いて良い感じです。 寝ながらインターネットに十分耐えられます。 これで携帯のパケット代減るかも。

最後に Apple Store で買った理由を。

Img_0672

ちょっと時間かかるようですが、無料でレーザー刻印してくれます。 🙂

# フラッシュたいたらキーボードほこりだらけだった。。 orz