Ubuntu 13.04 リリース!

半年に一度のお楽しみ、Unbutu の 13.04 がリリースされました。 😀

日本語 Remix を待ちきれずに、早速愛機 ThinkPad T420s にインストールしてみました。 もともと Ubuntu 12.10 がのっていた機械ですが、アップグレードせずに、クリーンインストールしております。

インストールプロセスでは特に困ったこともなく、いつも通りそのままブートされ、無線LAN などやトラックポインタなどのデバイスもそのまま使えるようになりました。

ubuntu1304-01

利用を開始して最初に気がついたのが、Super(Win) + S のワークスペーススイッチャーが効かないこと。

どうやらデフォルトで仮想デスクトップが無効になったようです。システム設定->外観から「ワークスペースを有効にする」にチェックをつけてあげます。

ubuntu1304-02

とりゃ。でてきよった。 🙂

ubuntu1304-03

ワークスペース切り替え Win + S と Alt + Tab のタスクスイッチャーの切り替えはいつもながらかなり強力です。 🙂

ちなみに、このようなショートカットは Super(Win) キー長押しで知ることができます。(これは前のバージョンからの機能)

ubuntu1304-04

便利すなぁ。

デフォルトインストールから追加したのは、次の開発系と flash などのサードパーティー製品です。

sudo apt-get install build-essential
sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras
sudo apt-get install openjdk-7-jdk

最近は、Oracle のではなく OpenJDK7 を利用中。 Eclipse や JVM 系開発用。

で、その Eclipse でちょっと困ったのが、Internal Browser が使えなかったこと。

ubuntu1304-05

この画面は既に設定済みなので、Use Internal web Browser(内部ブラウザを使う)が有効になっていますが、デフォルトインストール直後は非活性でした。

この事象、いつもだったか、 Ubuntu を設定しているうちにそのうち入って動いていたのか、いままで気にしたことがなかったのですが、理由は Eclipse の SWT が webkit の 1系を要求するためで、入ってないと enable にできません。 13.04 のデフォルト webkit は 3系でした。

てなわけで、1 系をインストールすれば使えるようになります。

sudo apt-get install libwebkitgtk-1.0-0

これにより、いつも使っている Eclipse Mylyn Doc textile 編集でプレビューができるようになりました。(下のプレビュータグがでてきます)

ubuntu1304-06

さて、WebKit 関係ありませんが、先日購入しました WireframeSketcher もうまく動作しました。

SWT Spy 恐るべしの図(既存の SWT 画面を吸い取ってスケッチ化できるっ)

ubuntu1304-07

やはり Linux はソフトウェアをつくる環境として便利で、ほとんど何もしなくても好みの動きをしてくれるのが良いところです。

インターネットの場合、開発時の接続先のサーバも Linux であることが多いので、ワークステーションとの親和性の高さもポイントですね。 🙂

OS の群雄割拠を見るような自分の机。 Linux 勢優勢。

20130425_215355

てなわけで、奥のディスプレイはこの部屋に新星のように現れた Windows 8。 ようやく入れましたぞ!

(次のブログは Windows 8 ネタという前フリらしい)

WordPress for Android 更新

WordPress for Android がアップデートしてバージョン 2.3 になっていましたので、アンドロイドタブレットと普通(?)のスマートフォンで試してみました。

今時はサイト更新をスマートフォンでやりたいという要件も増えている気もしますので、研究に触ってみるといいかもしれません。 🙂

ここで使っているのは ICONIA TAB A700 と Bluetooth 接続キーボード & GALAXY SII です。 ギャラクシーで撮影したので、自分自身の画像はなし。。

wpid-wp-1366332913417.jpg

今回のアップデートから上の写真のようにタブレットを横置きで実行した場合でも、画面スペースが有効活用されるようになり見やすくなっています。(サイドメニューがでるようになりました)

wpid-Screenshot_2013-04-19-13-15-21.png

新規投稿は右上の+ボタンです。投稿までの操作が少なく便利になりました。 🙂

普通のスマートフォンで縦画面表示だと次のような感じになります。 左から操作メニューがひょこっとでてきます。

SC20130419-161934

このようなブログ投稿アプリは、投稿にネットワークを使わないローカル編集ができるのが良いところのひとつ。WordPress for Android では編集画面の「状態」を「ローカル下書き」することで途中保存が可能です。

wpid-Screenshot_2013-04-19-13-41-38.png

ここの状態を「下書き」にするとサーバ側のいつもの下書きになりますので、途中から PC で引き続きといったこともできます。

画像を含めた投稿の編集については、「ローカル下書き」まではエディターに画像プレビューが表示され、「下書き」を含むサーバ保存後の再編集はイメージタグの状態となります。

ローカル編集中。

SC20130419-164342

サーバ保存後。

SC20130419-164600

普段 HTML を扱わない方にはやや分かりづらいですが、サーバ保存後に  wpautop 形式や HTML になったデータをプレビューしながら編集するのはかなり難しい処理ですので、ここはしょうがない仕様です。

Masayan「・・・」

画像に関しては残念ながら「本文に入れずに画像(メディア)だけアップロードする」処理はできません。これは、WordPress の Web 管理画面のようにメディアライブラリのみの登録を行う UI がないためです。

ただし、アイキャッチ画像の設定に関してはこの操作が可能で、挿入するしている画像の長押し操作からでてくる「画像の設定」画面で「アイキャッチ画像として使用」を設定した場合、「投稿本文中に画像を含める」の選択を使うことが出来ます。

SC20130419-171222

さて、WordPress デザインワークブックのサンプルサイトとなり、関係者一同、写真を見ておなかがすいてしまい制作が進まなかったことがあると噂の、札幌の nino クレープさんのブログも WordPress for Android で更新されております。 写真とコメント付きでクレープが載り、ついつい行きたくなりますゆえ。

スマートフォンは身近にあり気軽に使えますので、画像の扱いや操作系など研究の上、WordPress サイト更新の選択肢の一つとして検討してみると良いかもしれません。 iOS 版ももちろんあります。

これらの WordPress クライアントで使われている xmlrpc インターフェースは、自分でも利用することができます。 サイトに合わせた特別なアプリをつくるのも便利そうですね。 いつかやってみたいです。 🙂

XBMC 12.0 Frodo Android デタ!

かなり長い間使っているオープンソースのひとつ、XBMC の 12.0 Fdoro がリリースされました!

XBMC 12.0 – Frodo

The second new platform is XBMC for Android. The simple fact of the matter is, XBMC for Android might not exist as a working port right now if it weren’t for the decision of Pivos Technology to employ two XBMC Team members fulltime to make it happen. Of course, countless other Team Members and non-Team coders have contributed to the code base both before and after that initial decision, but it was Pivos who gave our developers the necessary man hours to make XBMC for Android a reality.

XBMC は元々初代 XBOX をハックして動作していたフル画面系のメディアプレイヤーアプリなのですが、ここ数年は対応プラットフォームを増やしていき、12.0 ではついに Android の初期サポートが加わりました。 😀

日本語化の仕方などは、BoozerBlog さんにて解説があります。 バッタになっちゃえ!(>_<)

XBMC 12.0 “Frodo” をAndroidに入れてみた

Ubuntu PCにはCandidateあたりからインストールしていたXBMC 12.0 “Frodo”のStable版が公開されたというので、唯一の手持ちのAndorid機GALAXY NEXUSにさっそくインストールしてしてみました。

さっそく、ICONIA TAB A700 にインストール。

これはやばい!

20130202_005518

10 インチで動かす XBMC for Android は初期サポートとはいうものの、 Python によるテーマエンジン、動画、音声フューチャーなどが PC と同様に動作し、これは完全に XBMC です。(ソース全然みてないですが、JNI で全てコンパイルして Java の部分追加しているのだろうか・・・)

おなじみメニュー画面。 メディア再生中でメニューに戻ってもバックグラウンドで動きます。

device-2013-02-02-002047

ICONIA TAB A700 はクワッドコア Tegra3。残念ながら CPU ステータスは隠れて 2 つまでしか見えません(笑) OpenGL ES のバージョンや GPU の温度なども表示されています。

device-2013-02-02-002327

PC 版と同じように DNLA 経由でサーバを見ていますが、漢字の表示など含めてうまく動いています。 動画も DVD クラスのビットレートでも平気で再生できました。

device-2013-02-02-002530

充実のデータソースの指定。 Windows ファイル共有や NFS、UPnP(DNLA)、その他 Android の内部のプレイリストも扱えるようです。 PC 版譲りですが、SMB 使える Android メディアプレイヤーは XBMC くらいでしょうか?

device-2013-02-02-002816

細かい設定も可能な動画再生機能。 Android にも ffmpeg ベースの動画再生アプリは結構ありますが、他では音がずれるような動画も XBMC では正常に再生できました。まだソフトウェアエンコードのようですが、Tegra3 だと問題なく再生できるようです。

device-2013-02-02-003028

XBMC は XBOX 時代から使っていますが(そしてまだうちでは XBOX 版も動きます)、ここまでこのアプリが化けるとは思いませんでした。 XBOX という特性上、テレビ表示、コントローラ操作であることと、XBOX の少ないリソースで動作させる必要があったため、この形の設計になったと思うのですが、テーマエンジンやモジュール構成などさすがとしか言いようがない感じです。

既にあちこちのセットトップボックスでも利用されているようですが、マルチウィンドウが重視されなくなってきた今、今後ますます伸びるアプリケーションの気がします。

Android 版はまだ初期サポートということで、これからも継続して良くなると思うととても楽しみです。 がんばれ XBMC 😀