ぐるぐる Groovy。。

記事書いていませんでしたが、最近も Groovy くんにはだいぶお世話になっております。

テストデータ作成や小物ツールをつくるのに非常に便利な Groovy。

開発環境も Eclipse にプラグイン入れるだけでフルセットそろいますし、テキストエディタだけでも jar ひとつでいけますし、実行環境も Java が入っていればいいだけなので、人にも渡しやすく非常に重宝しております。

ということで、ちょこちょこいじっている訳なんですが最近気がついたこと。

ふと Groovy 1.8 系で下のコードを。

import org.codehaus.groovy.runtime.NullObject

// Groovy だとどちらも普通(Java だと上だけ通る)
assert(Integer.valueOf(127) == Integer.valueOf(127));
assert(Integer.valueOf(128) == Integer.valueOf(128));

// なるほど
assert(null == null)
assert(null.equals(null))
// なんとなく Groovy が不思議
assert(null != new NullObject())
assert(!null.equals(new NullObject()))

Groovy の == は equals の演算子オーバーロード。

というわけで、上の2つの assert は普通に通ります。 ちなみに Java だと両方通らない感じですが、上は通ります。 結構謎ですね(笑)

で、したの null のほう。 null もオブジェクトっぽいのですが、最後の2つの assert が不思議な感じ。

なんとなく別件ですが、このパッチがそれっぽい…。

[#GROOVY-4985] null and .with{} – jira.codehaus.org

Currently this fails:

null.with { assert it == null }

単純にぼくがなんかぼけてるのか、、、まぁなんだってわけでもないのですがふと(笑)

あ、そうそう、壁紙変えました。 🙂

Screenshot20111210

は、張る画像がなかったわけじゃないんだからね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。