JSDT jQuery 開発環境

先日さすらいの Web サーフィンをしていたら、JSDT (JavaScript Developer Tool)の jQuery サポートをみつけたのでちょっと試してみました。 たぶん前からあったものだと思うのですがなかなか良さそうな雰囲気であります。

とりあえずインストールより。

最近、Eclipse PDT(PDT Developer Tool)のオールインワン的なリリースがないのですが、とりあえず PDT に入れています。 Eclipse Classic に PDT プラグインを追加すれば PDT になります。

Eclipse 3.7 / Indigo / PDT 3.0

  • Installed and running Eclipse Classic 3.7

これに JSDT jQuery を追加で入れます。 eclipse.org から for JavaScript Developer のパッケージもでていますので、JS しかやらないかたはこちらでもいいかもしれません。 PDT を追加することもできるでしょう。

Market Client が入っていないと JSDT jQuery が入れにくいので追加します。

jQuery10

で、Eclipse Market から JSDT jQuery を追加。

jQuery11

JavaScript プロジェクトをつくって右クリックからプロジェクトの設定。 JS のライブラリを選んであげます。 jQuery が追加されているはずです。

jQuery13

こんな感じに。

jQuery14

ではやってみましょう。 🙂

jQuery 補完機能。

jQuery15

うん!よい!

JSDoc(?) もちゃんとみれます。 メソッド名と引数わかればこちらのものです(笑)

jQuery16

ちなみに、jQuery と関係ないですが、JSDT のリファクタリング機能も試してみましょう。

変数名リファクタリング。 下に別スコープの同名変数があることに注目してください。

変数 hoge を moge にリファクタリング。

jQuery30

jQuery31

ちゃんとスコープみて test1 の中だけ変えてくれています。

また初期化警告もでています。 ただのテキストエディタと違ってプログラムを読んでいてくれるからできる実装です。

jQuery32

JavaScript は動的型付言語ですので、IDE サポートも限界がありますがなかなか動くようですね!

また Web Developer 系の Eclipse には HTML のリアルタイムバリデータとか、PDT には PHP のリアルタイム警告サポートもあります。

閉じタグ忘れ。

jQuery33

閉じ括弧忘れ。

jQuery34

Eclipse メインじゃなくても既存のファイルをワークスペースにもってこれますので、使うときだけという運用も可能です。

jQuery20

プロジェクト作成時に form exsisting source にすればOKです。 あと、JS/PHP サポートをプロジェクト右クリックからつけてあげられます。

jQuery35

てな感じなのでつかわにゃそんそん。  🙂

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。