Redmine 1.0.5 + JRuby + Tomcat6 デプロイ

最近、主にローカル Wiki として活躍してくれている Redmine が 1.0.5 にアップデートされましたので追従してみます。 セキュリティーフィックスも含まれるとのことです。

1.0.5 より i18n で必須 gem が追加になっていますので、JRuby + Tomcat デプロイ時は設定が1つ変わりますのでメモがてら。 🙂

Redmine 1.0.5 bug/security fix リリース | Redmine.JP

12月23日(日本時間)、Redmine 1.0.5がリリースされました。

Redmine 1.0.4に対して11個の修正・3個の脆弱性対策が行われています。

Redmine 1.0.5には脆弱性の修正も含まれているため、Redmineオフィシャルサイトでは全てのRedmineユーザーに対して最新版へのアップグレードを呼びかけています。

gem 追加について。

インストール・アップグレード時の注意

Redmine 1.0.5より、Rubyの国際化ライブラリi18nのバージョン0.4.2が実行時に必要です。インストール・アップグレードに先立ちサーバ上で以下のコマンドを実行してi18n 0.4.2をインストールしてください。

gem install i18n -v=0.4.2

というわけで、 JRuby で動かしている場合は、

$ sudo jruby -S gem install i18n –v=0.4.2

こういう感じで gem を追加です。

でもって、warble の config に依存 i18n を追加します。

# config を redmine 用に修正(一番したに追加)
sudo vi config/warble.rb 
config.dirs = %w(app config lib log vendor tmp lang)
config.gems << "activerecord-jdbcpostgresql-adapter" 
config.gems << "i18n" 
config.gem_dependencies = true
config.webxml.rails.env = 'production'
config.gems["rack"] = "1.0.1" 

これで、 sudo jruby -S warble でできた war を Tomcat とかにデプロイすれば動作するハズです。 🙂

redmine20 

参考、リンク。

hiromasa.another » Blog Archive » Redmine を Tomcat6 にデプロイ

hiromasa.another :o)» Blog Archive » 年末のデータバックアップ

 

がってん、がってん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。