プレステ2のジョイスティック破損

ひさしぶりにプレステ2のゲームなどをやってみたら、どーもジョイスティックの調子が悪いことに気がつきました。 斜め右下の入りが悪い。 とりあえず、開けてみることにしました。 🙂

ぼくはアーケードゲーム(ゲームセンターの)が好きだった関係で、実はどーも家庭用のジョイパットってやつが苦手なのです。 あと小さいんだよねぇ。 初代 XBOX のときコントローラがでかい! ってさんざんいわれていましたが、ぼくにはちょうどよかったり。(笑)

他はボタンっすね。 ゲームセンターでゲームやっている人みるとわかるとおもいますが、パンパンたたくあの感じが好きです。 やっぱり、メカニカルボタン最高です。 😛

joy1

てなわけでジョイスティック分解。 これは HORI さんのやつっすね。 なんだかスクウェアのゲームタイアップ品なんだろうか? 素性は不明。。

基盤一枚。 PS2 のコントローラチップはカスタム品で HORI とかいています。あとはボタンの配線だけですね。 シンプル。

joy2

で、ジョイスティックの心臓部マイクロスイッチ。 あの独特のカチカチはこのスイッチのおかげです。 ちなみに、マイクロスイッチは OMRON 製。

joy3

えーと、右下だけ調子がおかしいのでスイッチ自体は大丈夫と仮定するに、きっと原因は位置ずれですね。 ジョイスティックはスティックのてこの原理で4方向のスイッチを押しています。

joy4

ちょっとずれているように思えたので、修正してねじも締め直す。 ゆるくなっていました。

てーなわけで、元に戻してゲームしたらいい感じに。 🙂

もうちょっといけるかな。。 PS2 のジョイスティックはたぶんもう新製品がでないので、大事にしておかないと・・・!

joy5

ぱくっ! (←関係ない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。