WordPress のメディアライブラリ機能

ぼくが WordPress で好きな機能の一つに「メディアライブラリ」があります。

ブログの投稿と、その投稿内にある画像や音声などのメディアのひも付けを行ってくれるまっことに便利なもので、wp-kougabu もこの機能を使って画像の抽出、またそのリンクから本文にとばすようになっています。

メディアライブラリは、、2.0 くらいから本格的に入ってきた機能でしたでしたか(失念)。 以前の WordPress はこの機能がありませんでしたので、実は導入前のコアからの投稿や、またプラグインの機能でのアップロードを行っていると画像がメディアライブラリに入っていないという問題がでてきます。

世紀の荒技でkougabuを動かす – MMRT daily life

メディアライブラリに画像が一枚もない!

・・・ことでした。そうです、IImage-Browser愛好家だったので、登録できていないのです。 :cry:

そう、、Masayan さんは今回すべての画像を後からメディアライブラリに登録したのです。 勇者であります!!

WordPress 2.9 くらいからまたメディア機能の拡充が図られそうな雰囲気なので、おさらいもかねてまずは現状の動きをみてみることにしました。

まず記事を書きます。

media01

で、アップロード/挿入の一番左のアイコンを押下。 で、アップロードするファイル選択。 フラッシュアップローダをつかうとファイルを複数選択できます。

ここでは 5 ファイルアップロード。

media02

画面を閉じずにメディアライブラリを別画面でみてデータベースの状態がどうなっているかみてみました。

一番右のカラム「リンク先」に記事名が入っていれば”くくりつき”が成功している証拠です。

media03 

「メディアライブラリの試験」とちゃんと入っています。

実はどうもぼく間違っていたみたいで、上の子画面の「挿入」ボタン押下のタイミングでくくりつけやっていると思っていたのですが、アップロード直後に行われているみたいです。。 ごめんなさい。。(たしか以前動かしたときそう見えたのですが、変わったか勘違いだったのかも。。)

さて、ここで話は派生。

ファイルのアップロードですが、おそらく多くの皆さんは管理画面の設定で「アップロードしたファイルを月日ベースのフォルダに格納」をしていると思います。

これは今日(2009/9) に行ったアップロードは 2009/09/ フォルダにはいることになりますが、たとえば過去記事の修正を行った場合にもアップロード当日フォルダにはいってしまうことになります。 これだと何かで手管理する場合に混乱する可能性がありますね。

(訂正)現在これはやらなくてもちゃんと過去フォルダに入るみたいです。

そんなときはワンショットプラグイン。 ということで、アップロードフォルダを強引に疑似ってしまうプラグインをつくりました。 簡単なものですが、つかう方がいたらどうぞ。 🙂

wp-back2future-1.0.zip

media04

パッチを有効にするにチェックを入れて日付をいれておくと、いつアップロードしても指定日付フォルダに格納されます。 適当プラグインなので、使い終わったら削除しておいてください。。 😛

てなかんじで、記事とくくりついた5つの画像。

まぁ普通ならこの後記事内にアップロードしたファイルの URL を記事の任意の位置に挿入するわけですが、メディアライブラリ機能をみるために gallery ショートコードを使ってみます。 上のタブにギャラリーってあるので選択します。

media05

で、「ギャラリーを挿入」ボタンを押下。 こんな感じになります。 記事中に画像の URL の記述がが一切ないことに注目してください。

media06

投稿してみます。

media07

アップロードした画像がでてきました。

(ちょっとこの例は CSS いじってないのでだっさいですが)このように gallery ショートコードは投稿からくくりつく画像を勝手にとって URL を展開してくれます。

実際のところ gallery ショートコードさんは、サムネイルが img タグ伸張だったり、正方形固定だったりちょっと個人的には使いにくいのですが、まぁまぁメディアライブラリの機能のデモとしてはわかりやすいですね。

投稿と画像のつながりが分かっていないと実装できない機能のひとつです。 大量の画像をドヴァーと入れたいときにはお手軽で便利でしょう。

さてさて、WordPress の管理画面にはメディア –> 新規追加という画面があって、投稿とは別の世界でファイルをアップロードすることができます。 やってみましょう。

media08

してみました。 これをメディア –> ライブラリからみてみると・・・。

media09

当然「リンク先」がついていません。 記事とくくりつかない浮いた画像となっています。

これをさきほどの投稿につけてみます。 投稿を開きアップロード画面へ。

いつもは「コンピュータから」を選んでいるところを「メディアライブラリ」タブにうつります。 アップロードした画像が見えますね。

media10

表示するを押します。

media11

一番下の「投稿に挿入」を押下します。(今度は挿入をおさないとダメ)

media12

投稿下部に自動で URL がはいりました。 でも実は URL は、便利なように入っただけでメディアライブラリ的くくりつきとは無関係。 「投稿に挿入」を押したところでメディアとの関連はとれています。

じゃーってことで、記事内の画像 URL をけずって publish!

media13

gallery ショートコードにちゃんと認識されました。(記事と関連付いたということですね)

そうそう今回の例は管理画面からやっていますが xmlrpc 経由の投稿でも同様の動作をします。 でもなんか実は 2.8.0 くらいからバグってくくりつけがうまくいってないみたいなので、該当だったら以下を見てください。

hiromasa.another :o) » Blog Archive » WordPress 2.8 の xmlrpc 経由の投稿で記事とメディアの関連がつかない場合

そんなこんなで、twitter をのぞいていたら 2.8 以降の投稿で wp-kougabu の画像がでてこないという話がちらほら。なんかやらかしたかと思ってみてみたら、どうも kougabu じゃない模様。 コアの不具合なのか、xmlrpc 経由の投稿だと記事とメディアがくくりつかない現象がでているようです。

こんな感じでメディアライブラリ機能はなかなかおもしろいです。 画像の他にも .mp3 ついていたら RSS に enclosure タグがついてポットキャストになっていたり、いろいろいじっていると意外に知られていない機能を発掘できるかもしれません。

ためしてメディアライブラリ 🙂

・・・がってん、がってん、がってん、がってん。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • wp25-02.png
    WordPress 2.5 アップグレードと Gallery
    WordPress, 2.5, 機能, gallery, to, ユーザ, Gallery, tegaki, チケット, メディア, 変更, 画像, 画面, 管理, Page, Post, another, or, shortcode, used
  • jrelated50.png
    WordPress Related Post for Japanese 1.50 RC リリース
    php, 記事, id, 関連, 単語, array, post, 出力, WordPress, ストップ, ワード, 対応, 指定, 画像, div, 変更, URL, content, get, wp-kougabu
  • kougabu04.png
    wp-kougabu 0.50 & wp-odeckr 1.00 リリース
    画像, Flickr, イン, プラグ, 投稿, wp-kougabu, メディア, ライブラリ, WordPress, wp-odeckr, サイト, フレーム, リリース, 写真, 方, 時間, アーカイブ, フック, 一覧, 場合
  • WordPress 2.3 の新機能
    追加, タグ, イン, 2.3, WordPress, リリース, 画面, CSS, アップデート, ファイル, フィルター, プラグ, 機能, 通知, 関連, get, option, アップロード, 管理, 表示
  • kougabu0a.png
    wp-kougabu 1.10 リリース
    画像, メディア, 機能, WordPress, 2.9, define, ファイル, 投稿, 方, 1.00, JSeries, wp-kougabu, アスペクト, アップロード, アーカイブ, サムネイル, モード, 維持, 表示, 'KEEP

WordPress のメディアライブラリ機能” への3件のコメント

  1. ピンバック: MMRT daily life

  2. ピンバック: galleryのために、画像と記事の紐付けを行う | PLIME – tech

  3. ピンバック: WordPress移転した際、メディア(写真類)をFTPしたのに、メディア一覧に表示されない!! – workmemo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。