低反発リストレスト付マウスパッド

職業柄、ずーっとすわって PC と向き合っていることが多いので、意外と体がダメージを受けています。 .zone のときマウスパッドだこのエントリを書いたことがありましたが、そんなかんじでこすれたり、肩がこったりしちゃうわけです。 だって、10時間以上同じ姿勢ですからね、そんなこともあります。

てなわけで、少し前なのですが Amazon でなんとなくウインドウショッピング(?)していたら、低反発リストレスト付マウスパッドというのがあったので、買ってみました。 980 円とか。

これがなかなか良い! レビューにはマウスの動きが悪くなるとかいてありましたが、レーザーマウスだとぜんぜんそんなことないような? 😀 単品で買うと送料かかっちゃうので、何か他の買い物と一緒にでも。

IMG_0623

ちなみに、キーボード、マウスとも Microsoft の人間工学系のやつです。 マウスはかなりでかいので普通の人にはつかいずらいかも。 キーボードはキーが歪曲しているタイプですが、これもなかなか良いですぞ。

IMG_0624

モニタの左は「データホルダー」で、机からアームがでているタイプのもので、こちらも Amazon さんから。(実はマウスパッドよりこっちのほうがメインでした) ちょっと、つくりがおもちゃっぽい部分もありますが、肝心のアームはよさそうです。

サプライ品って、そんなに高くないし意外と面白かったりするのでたまに眺めたりします。 🙂

ubu36

PC のほうのデスクトップは、以前 Vista のガジェットにもいれてみた、はちゅねさんを製作。 よくみると以前からバージョンアップ。 ねぎが二刀流だぜぃ。 あ、ちなみに画像表示しているだけなので動いたりはしません。(笑)

Linux のデスクトップガジェットは、screenlets を使っていますが、なんか Google より Vista より、一番つくりやすいかも、と思いました。 それっぽくかいて、Python 起動するだけなので、デバッグしやすいんですよね。 Eclipse の PyDev とかつかったらデバッグブレイクもできるかも?

いろいろな作業環境って面白いですよね。 Masayanさんの工具ねたとか結構ファンだったりします。 🙂

このエントリーをはてなブックマークに追加

低反発リストレスト付マウスパッド” への2件のコメント

  1. ひろまささん、こんばんは ひかげです。

    掲載されている画像が、
    デジカメ画像なのか?
    携帯画像なのか?よりも
    右手とマウスの画像は左手でシャッターを切ってると思いますが
    はたして、YAMAHAキーボード込みの画像が
    右手でシャッター切っているのではないかと
    気になっているところです。

    意外と細かい仕込が隠されている
    hiromasa.another :o)ふぁんのひかげであります。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。