Kindle Fire HD 購入

Kindle Fire の 3000円割引最終日に、Grails2 系の洋書がいくつかでていることに気がついてしまったのが運の尽き・・・。 スマートフォンや 10インチ Android タブレットの Kindle アプリで読んでみたものの、小さすぎ大きすぎ。。

以前から Kindle Paperwhite は持っていて、小説を読むのにこれ以上のものはないと思っていたのですが、技術書を出力するにはちょっとページ送りの速度や、画面の大きさに難があり。小説と違って、ペラペラ戻ったり飛んだりしますゆえ。

というわけで、Kindle Fire HD を買ってしまいました。 割引入って 12,800 円。:)

20130714_111847

手前 Paperwhite、奥 Fire HD。こうしてみると、Paperwhite の紙っぽさはさすがですね。今後も小説はこちらで!

さて、Kindle Fire HD で The Defintive Guide To Grails2 を読んでみている図。良い感じです。

Screenshot_2013-07-14-11-15-03

Kindle 版の Grails 書籍は、紙版よりずいぶん安くなっています。 たぶん、Groovy in Action Second Edition も今後でてくるとと思うので楽しみです。当たり前なんですが、洋書でも送料もかからないのが良いですなぁ。:)

Screenshot_2013-07-14-10-56-07

Kindle Fire は、普通の Android に近いですので .apk ファイルさえあれば Kindle Store にないアプリも(たぶん大抵)動作します。 XBMC を入れてみた図。

Screenshot_2013-07-14-10-53-10

GPU は PowerVR SGX 540。 残念ながら XBMC では動画再生支援が効いていないのかコマ落ちします。 Twitter クライアントや FIrefox などはずいぶん機敏に動作します。 🙂

重量は若干あるものの、カバンのサイドぽけっとに入れておくにも丁度良いです。純正ケースも良い意味で存在感がなく、これは本なんだなって感じがしてお気に入りました。

ちなみに、洋書を買っていますが英語が読めません。(←壮大なオチ

WordPress for Android のビルド

突然ですが WordPress の Android スマートフォン投稿アプリ「WordPress for Android」のビルドの仕方です。

事の発端は、スマートフォンを Galaxy SII から S4 に変えたこと…。なんと S4 は写真の画素を VGA に落とせず、サーバのメモリ不足にて WordPress の写真ブログに投稿できないという衝撃の事実。(←時代についていっていないひろましゃくん…

まぁ、ついでに好きなように WordPress for Android のソースコードを修正できたら面白いのではないかと始めたのでした。

wp-android10

どうやら次世代 WordPress には、JSON ベースの REST API も付きそうな雰囲気ですので、こういった WordPress が備える Web 管理画面外からの投稿アプリの研究をしておくのも良いかもしれませんね。 🙂

てなわけで、自分でも忘れそうなのでビルド方法を記しておきます。

Android SDK や ADT はインストール済みとします。 画面は Ubuntu の 英語版 Eclipse より。 他の環境の方は適宜読み替えください。

依存ライブラリのセットアップ

WordPress for Android をビルドするには 、ActionBarSherlockandroid-menudrawer ライブラリが必要です。 何気に pom.xml とかがないので dependency がよく分からないのですが、、とりあえずそれぞれの master ブランチを使っています。

両ライブラリともに github で公開されていますのでクローンします。

ActionBarSherlock
android-menudrawer

Eclipse に EGit が入っていると思いますので、Git Repository ビューより。

wp-android01

2つのライブラリがクローンできたら双方とも Eclipse のワークスペースに持ってきます。

File -> New -> Other -> Android Existing Code

wp-android02

Next ボタン押下後にパスの指定がでますので、さきほどクローンした 2ライブラリを追加します。

ActionBarSherlock はリポジトリに複数のプロジェクトが含まれていますが、「actionbarsherlock」ディレクトリを指定します。通常は次のパスになるでしょう。

~/git/ActionBarSherlock/actionbarsherlock
~/git/git/android-menudrawer

ワークスペースにプロジェクトが持ってこれたら、それぞれに API レベルとライブラリ利用の指定をします。

プロジェクト名右クリック -> Properties -> Android

android-menudrawer のマスターブランチは、Jerry Beans でないとコンパイルが通らないようだったので、双方とも 4.2.2 (API 17) に設定しました。 また、Library の「Is Library」のチェックを忘れずにつけます。

wp-android03

以上で依存関係の操作は終わりです。

WordPress for Android コアのビルド

WordPress for Android は SVN でソースが公開されていますので、いつも通り Eclipse の SVN ビューからチェックアウトし、ワークスペースにのせます。

http://android.svn.wordpress.org/

次に先ほど入れた依存ライブラリのパスを設定していきます。

wp-android プロジェクト右クリック -> Properties -> Android

チェックアウト後は、Library がパス切れ(バッテン)していると思いますので、一度 Remove して先ほどワークスペースに追加したふたつのライブラリを Add し直します。

wp-android04

wp-android05

次にデプロイ時に含むライブラリを選択します。

wp-android プロジェクト右クリック -> Properties -> Other and Export

SDK(Android 4.2.2) と Android Private Libraries と Android Dependencies にチェックがついていることを確認してください。(指定できていないと ClassNotFound Exception します)

wp-android07

ここでいよいよ、ライブラリも含めてビルド(クリーン)します。

Project -> Clean

3つのプロジェクトを選択して OK を押します。

wp-android08

ビルド通りましたか? 😀

ビルドパスにライブラリの jar が追加されていることを確認します。

wp-android プロジェクト右クリック -> Properties -> Java Build Path

wp-android06

では、アプリを実行してみます。

wp-android 右クリック -> Run as -> Android Application

wp-android09

おめでとうございます。 WordPress for Android はあなたの手の中に 😀

wp-android11

動かない場合は、おそらく依存関係の欠如だと思いますので Marker ビューで追っていけばなんとかなると思います。

ビルドができれば、あとは知恵と勇気でなんとかなるですね。これくらいの大きさの実装だと Android アプリ作成の勉強にもちょうど良いです。

これよりソースをいじってみたいと思います。 🙂

Ubuntu 13.04 リリース!

半年に一度のお楽しみ、Unbutu の 13.04 がリリースされました。 😀

日本語 Remix を待ちきれずに、早速愛機 ThinkPad T420s にインストールしてみました。 もともと Ubuntu 12.10 がのっていた機械ですが、アップグレードせずに、クリーンインストールしております。

インストールプロセスでは特に困ったこともなく、いつも通りそのままブートされ、無線LAN などやトラックポインタなどのデバイスもそのまま使えるようになりました。

ubuntu1304-01

利用を開始して最初に気がついたのが、Super(Win) + S のワークスペーススイッチャーが効かないこと。

どうやらデフォルトで仮想デスクトップが無効になったようです。システム設定->外観から「ワークスペースを有効にする」にチェックをつけてあげます。

ubuntu1304-02

とりゃ。でてきよった。 🙂

ubuntu1304-03

ワークスペース切り替え Win + S と Alt + Tab のタスクスイッチャーの切り替えはいつもながらかなり強力です。 🙂

ちなみに、このようなショートカットは Super(Win) キー長押しで知ることができます。(これは前のバージョンからの機能)

ubuntu1304-04

便利すなぁ。

デフォルトインストールから追加したのは、次の開発系と flash などのサードパーティー製品です。

sudo apt-get install build-essential
sudo apt-get install ubuntu-restricted-extras
sudo apt-get install openjdk-7-jdk

最近は、Oracle のではなく OpenJDK7 を利用中。 Eclipse や JVM 系開発用。

で、その Eclipse でちょっと困ったのが、Internal Browser が使えなかったこと。

ubuntu1304-05

この画面は既に設定済みなので、Use Internal web Browser(内部ブラウザを使う)が有効になっていますが、デフォルトインストール直後は非活性でした。

この事象、いつもだったか、 Ubuntu を設定しているうちにそのうち入って動いていたのか、いままで気にしたことがなかったのですが、理由は Eclipse の SWT が webkit の 1系を要求するためで、入ってないと enable にできません。 13.04 のデフォルト webkit は 3系でした。

てなわけで、1 系をインストールすれば使えるようになります。

sudo apt-get install libwebkitgtk-1.0-0

これにより、いつも使っている Eclipse Mylyn Doc textile 編集でプレビューができるようになりました。(下のプレビュータグがでてきます)

ubuntu1304-06

さて、WebKit 関係ありませんが、先日購入しました WireframeSketcher もうまく動作しました。

SWT Spy 恐るべしの図(既存の SWT 画面を吸い取ってスケッチ化できるっ)

ubuntu1304-07

やはり Linux はソフトウェアをつくる環境として便利で、ほとんど何もしなくても好みの動きをしてくれるのが良いところです。

インターネットの場合、開発時の接続先のサーバも Linux であることが多いので、ワークステーションとの親和性の高さもポイントですね。 🙂

OS の群雄割拠を見るような自分の机。 Linux 勢優勢。

20130425_215355

てなわけで、奥のディスプレイはこの部屋に新星のように現れた Windows 8。 ようやく入れましたぞ!

(次のブログは Windows 8 ネタという前フリらしい)