Ubuntu 12.04 にアップグレード

少し経ちましたが Ubuntu 12.04 がリリースされましたので 11.10 からアップグレードしてみました。 🙂

半年に一回のお楽しみでございます。 まだ数日しかつかっていませんが、5年サポートの LST 版だけあり、さすがにこなれた感じの仕上がりと思いました。

Win(Super)キーで起動するランチャーから。 ちなみに Unity 系の透過描画で背景に表示していないウインドウが亡霊のようにでてくるのはうちだけでしょうか。。いいんですが(笑)

Ubuntu12-01

12.04 からキーボードショートカットが表示できるようになりました。 Super キー押しっぱなしででてまいります。

Ubuntu12-00

ALT + TAB のタスクスイッチャーが少し変更になったようです。 同一アプリケーションは、まずサマって表示されます。 以下、Firefox を2窓あげた様子。

Ubuntu12-02

でもって、複数窓あるアプリの上にカーソル合わせて少し待つと各窓のプレビューがでてきます。

Ubuntu12-03

選択窓を出さないで ALT + TAB したときの挙動は以前と一緒で、同一アプリケーションでも次にフォーカスがくるようです。ハイブリット仕様で結構便利です。

Win + S の仮想デスクトップや、Win + W のアプリケーションプレビューはいっしょ。

Ubuntu12-04

Ubuntu12-05

GNOME 3.4 になっているので Nautilus もバージョンが上がっています。 「元に戻す機能」が使えるようになった模様。 GNOME 3 系の Nautilus さんはめんこくてお気に入り。

Ubuntu12-06

Unity 系ではランチャーのアプリケーションメニュー? が使えるようになっています。 Shutter というスクリーンショットを撮るアプリでは次のようにショートカットメニューがでてきます。

Ubuntu12-10

また、透過の描画が背景色を見てくれるようになったので通知が見やすくなったようです。 先日作った twitter デーモンくんもそのままうまく動きました。

Ubuntu12-11

Ubuntu 11.10 からのアップグレードインストールをしたので、リポジトリの状態などは分かってないのですが、すんなりアップグレードできました。 ThinkPad X61 にはまだ入れていないので日本語 Remix がでたら、こちらは新規インストールしてみたいと思います。

それにしても、昔は Linux で”十分”なんて言われていましたが、今や Linux じゃなきゃ”いやぁ”くらいに育ちましたねぇ。 ぼくは Ubuntu 8.04 か 9.04 にかけてクライアントのメイン OS として移行しましたが、なんでもいじれるソフトウェアのおもしろさや怪しさを残しつつ便利な感じになってきて良いと思いますです。 🙂

ThinkPad T420s + Ubuntu 11.10 + xbmc 導入

長年苦楽をともにしてきた(?)愛機の ThinkPad X61 くんですが、そろそろあちこちにガタがきましたので、ここで思い切って ThinkPad T420s を買いました!。

12 インチ系 X シリーズにするか、14/15 インチ系の T シリーズにするかだいぶ迷ったのですが、s 付きの T シリーズは X とそれほど重さも値段も変わらず、大きさもちょうどいいくらいと気がついたので T420s とあいなりました。 このところずいぶん持ち歩いて使っていましたが、うまいこと動いてくれています。 🙂

X61 の液晶解像度 1024×768 から 1600×900 の 16:9 液晶にパワーアップ。 Core 2 / 2Gメモリから Core i5 / 4Gメモリなので使っている感じもずいぶん速く感じます。

thinkpad01

キーボードの左右の余白(スピーカ部)が X シリーズとの大きさの違いと思えばだいたい当たっています。

液晶の発色は、、視野角がかなり狭い感じですがまぁ正面にいけばなんとか(笑) 事務所では X220 と T510 使っていますが、液晶はそちらのほうが良いです。 バックライトLEDの関係かと思いますが、ほとんど持ち歩かないのであれば T5x0 シリーズがいいと思います。

左右のスピーカは 600円くらいでついでに買った Lenovo のスピーカです。

…なんてことしているうちに、デスクトップの Windows 機のキーボードまで壊れてしまいました。。 エンターだけきかなくなるという謎の現象。。 というわけで、Microsoft Confort Curve 3000 も買ってみました。

keyboard01

おしゃれな感じですが、山鳴りになっていて特殊な感じのキーボードです。 少しなれるまでに時間かかりますが、慣れてしまえば問題ない感じです。 CTRL が少し遠いので、CapsLock にあててしまっています。

あと、Microsoft InteliType Pro がなぜか動かないようです。 標準ドライバのみで動かす模様。 マルチファンクションキーにミュートがないのがちょっといたい。

話はもどって ThinkPad T420s くんですが、買って Windows のリカバリDVDつくりおわってすぐ Ubuntu 化しました。 Windows7 は削除っ。 ちょっと急いでいて X61 からすぐ環境移行したかったので、まずは X61 と同じ Ubuntu 11.04 を。

11.04 では Intel のグラフィックドライバの関係で、T420s では X がフリーズする不具合があるようです。 とりあえず、intel-edger の PPA を入れてしのいでいましたが、こちらもフリーズまでいかなくても、ドライバ再起動のような動作で画面が乱れることがあるようです。 12.04 では直りそうな雰囲気なので待つこととしましょう。 🙂

さて、実は Ubuntu 11.10 はいくつか設定が面倒そうなところがあったので、X61 ではパスしていたのですが、本日時間が合ったので T420s に 11.10 を 11.04 からのアップグレードで入れてみました。 🙂

thinkpad02

無事導入できました。 Nautilus がめんこい感じでいいですね!。

T420s の液晶は 16:9 でビデオみるのにちょうど良いので、次のメジャーバージョンの完成が近づいているフル画面型のメディアプレイヤー、 xbmc の unstable も入れてみました。

sudo add-apt-repository ppa:team-xbmc/unstable
apt-get update
apt-get install xbmc xbmc-standalone
apt-get install update

こんな感じでインストールできると思います。

xbmc01

Ubuntu 版はフォントの設定なども対応できるようで、設定を変更するだけで日本語化可能になっていました。

外観->設定->スキン->フォントを Arial based に。

xbmc02

外観->設定->インターナショナルから Japanese / Japan / Japanese(Shfit-JIS)で日本語化されます。

xbmc03

相変わらずかっこいいかんじで、便利です。 🙂

xbmc04

xbmc05

てなわけで、早速働かされている T420s くんですが、最強と言われている新キーボードは使いやすく、相変わらずうまく動くトラックポインタとマシンスペックの向上は間違いなく作業速度をあげてくれました。

ありがとう、ありがとう。 今後ともよろしくね。 🙂

さくらの VPS と Apache Tomcat7

突然ですが、さくらの VPS を借りてみることにしました。 🙂

当初はこの VPS に家から VPN でつなぎっぱなしにして、うちのローカルサーバの一部の機能を外に出す使い方を考えていたのですが、まぁ実際そこまでする要件もなさそうなので断念(一応、Android からの接続もできたのですが)。

というわけで、Groovy とか Rails とか PHP 以外のアプリケーションが動作するお遊びサーバとしてスタートです。

最近だとたまにこのサイトでもでてきます、Cloud Bees とか dotCloud とか無料の PaaS つかってもその手のアプリは割と簡単に動かすことができるのですが、無料だとドメインマッピングに制限があったり、ちょっと不自由。 お金を払うとなると VPS と同じくらいかもっと高い料金になりますので、自由度の高いほうに転んだ感じです。

あ、ちなみにここ .another はそのままコアサバです(笑)

というわけで、アプリケーションサーバ選択。 OS はさくら標準の CentOS 5.5 のままです。

Jetty にしようか Tomcat6 、いやいや Tomcat7 でしょ、とか、ここで GlashFish とか。。 しばし考えて、あまり根拠もなく Tomcat7 が選択される。 7 は初めて触りますが、勝手知ったるなんとかでなんとなかるでしょう? 😀

Java6 は Oracle 提供の .rpm を、Apache httpd と PostgreSQL は CentOS のパッケージのものを。 Tomcat7、Groovy は それぞれからの提供のものを /opt に展開インストール。

そういえばバーチャルホストでトム設定するの初めてだったので微妙にてこずりました。。

Groovy のパス設定。(ファイルつくる)

[root@capibara ~]# cat /etc/profile.d/groovy.sh 
# groovy
PATH=/opt/groovy-1.8/bin:${PATH}

ポスグレの表領域位置指定。(標準で /home にパーティションきられているので表領域を /home/postgres に移動。 サービス起動前に前に以下のファイルつくる)

[root@capibara postgres]# cat /etc/sysconfig/pgsql/postgresql 
PGDATA=/home/postgres
[root@capibara postgres]# chkconfig postgresql on
[root@capibara postgres]# service postgresql start

ポスグレ initdb 等。(たとえばユーザつくって redmine の DB 作成の図)

[root@capibara home]# su - postgres
-bash-3.2$ 
-bash-3.2$ initdb -D /home/postgres/
-bash-3.2$ createuser -P redmine
Enter password for new role: 
Enter it again: 
Shall the new role be a superuser? (y/n) n
Shall the new role be allowed to create databases? (y/n) y
Shall the new role be allowed to create more new roles? (y/n) n
CREATE ROLE
-bash-3.2$ createdb redmine -O redmine
CREATE DATABASE

Tomcat7 バーチャルホスト設定。 $CATALINA_HOME/conf/server.xml の Engine に追加。

<Engine name="Catalina" defaultHost="localhost">
  <Host name="apps.maple4ever.net"
     appBase="apps.maple4ever.net"
     unpackWARs="true"
     autoDeploy="true" />
</Engine>

$CATALINA_HOME/apps.maple4ever.net のディレクトリを作成。 ちなみに adduser tomcat して、$CATALINA_HOME 配下を tomcat 権限に、また Tomcat は同ユーザで commons-deamon 起動しています。クラスパスの jar が 6 と違うので要注意。

このディレクトリに .war 入れるとファイル名をコンテキストパスとしてデプロイされます。

Apache のバーチャルホスト及び mod_proxy_ajp 設定。 指定のコンテキストパスを Tomcat になげます。 /etc/hosts や /etc/sysconfig/network なども設定のこと。

[root@capibara www]# cat /etc/httpd/conf.d/proxy_ajp.conf 
 
LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
 
NameVirtualHost *:80
 
<VirtualHost *:80>
   ServerName unknown 
   <Location />
      Order deny,allow
      deny from all
   </Location>
</VirtualHost>
 
<VirtualHost *:80>
   ServerName apps.maple4ever.net 
   <Location /captcha-grails>
      ProxyPass ajp://apps.maple4ever.net:8009/captcha-grails
   </Location>
   <Location /click-examples>
      ProxyPass ajp://apps.maple4ever.net:8009/click-examples
   </Location>
</VirtualHost>

Location でおしり / なしにすると、スラつけなくてもいい感じに飛ばしてくれるようです。

てなかんじで、端折っているのであんまりメモにもなっていませんが(笑) 実際には、iptables の設定なども加わるでしょう。

Groovy + Grails のサンプルアプリ。(そのうち消えます)

sakura2011072402

Apache Click のサンプルアプリ。(そのうち消えます)

sakura2011072403

やぁ、動いた!

さすがに JVM だけあってさくさく動きますね。

sakura2011072401

さくら VPS はメモリ 1G のサーバにしていますが、これで残りメモリ 400M ほど。 ポスグレがフル稼働していないのでなんともですが、アプリが 1つか 2つは動きそうな感じです。

さて、何して遊びましょう。 🙂