AsciidoctorとGradleでつくる文書執筆環境

技術文書を書く環境が欲しくなり、VS Code と Gradle を使って Asciidoc 文書を執筆する環境を整えてみました。 お手軽に構成できて、300ページくらいの文書でも耐えられそうです。 🙂

VS Code でリアルタイムプレビューしながら Asciidoc 文書を執筆し、最後に HTML/PDF 文書にすることができように仕込んだ Gradle ビルド、フォントや CJK パッチ、.vscode 設定などをパッケージして github で公開しています。

https://h1romas4.github.io/asciidoctor-gradle-template/index.html

本文書は Asciidoc とその Ruby による実装である Asciidoctor を用いて Asciidoc 文書を執筆する環境を構築する手順を示します。実行環境は Windows、Linux、macOS の各 OS に対応しています。

上記のサイト(Asciidoc 文書のサンプルになっています)で詳しく手順を書いていますが、基本的にリポジトリを取得し、文書を書いて、 ./gradlew docs するだけでいい感じに Asciidoc を HTML/PDF 文書に変換して公開できるようになっています。

PDF 文書は次のようなものが出力されます。

AsciidoctorとGradleでつくる文書執筆環境(PDF版)

https://h1romas4.github.io/asciidoctor-gradle-template/index.pdf

PDF に関しては本文フォントを明朝体にできるとより技術書らしくなると思うのですが、残念ながら prawnpdf ライブラリが OpenType に対応していないため導入を断念しました。しかし、対応は進んでいるようなので期待します。

https://github.com/prawnpdf/ttfunk/issues/53

Hey there maintainers! I’ve been working for the last several months on supporting OpenType fonts, which really just means supporting the CFF font table.

さて、今回このプロジェクトを作成するにあたり初めて Asciidoc の書式を全て確認しましたが、表現力が高く、思ったことは思った通り書けばよい感じなのでお気に入りました。 😀

リポジトリを github に置けば Github Pages ですぐ綺麗な文書を公開できるようになりますので、良ければお試しください!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。