クロスバイクでサイクリング(追加で買ったもの編)

去年くらいから体調があまり良くなく(歳ですゆえ…)、運動不足解消のためにと最近クロスバイクを買ってサイクリングを始めました(^ ^

bscycle-01

実は買うまでクロスバイクの由来も知らなかったのですが、山を走るマウンテンバイクと、スピードレースをするロードバイクの間の子とのこと。

購入車種は Marin Bikes の MUIRWOODS SE 19 インチ。SE はジャパンスペシャルということで、タイヤのサイズが異なったり、ブレーキがディスクからVブレーキに変更されているなど、日本の事情に合わせたモデルになっているようです。

26インチの少し太めタイヤということで、通常のスピードを出すクロスより街乗り向き。700c 細タイヤは段差でアイタタタってなりますが、この自転車はクロモリ(鉄)フレームとも相まって、スピードは犠牲になるものの柔らかい乗り味なのではないかと思います。

ちなみに腕が悪いのかホイルベースの長さか(多分前者)アンダーステア気味でしょうか。おもったより曲がらなくてドキッとすることが何度かありました。

さて、街乗りクロスといえどスポーツ自転車には走る以外の機能はついていませんので、いくつかパーツを買い足す必要があります。

必需品からそうでないものまで、購入して2ヶ月使って良いなぁと思ったものを紹介してみたいと思います。初めてクロスバイクを買う方の参考になれば。

ライト

自転車にライトは必ずつけます。たまに夜のサイクリングロードに無灯火が走っていますが、本気でステルスなので危ないです。リアもあったほうが良さそうです。

bscycle-02

bscycle-03

ライトパネルを押し込むと点灯するタイプが操作もしやすく便利でした。

Amazon より「Blackburn(ブラックバーン) VOYAGER+MARS CLICK COMBO ヴォイジャー+マーズクリックコンボセット ブラック 3BB-VY/MS-CLK」

フロントリアライトセットがお買い得。ゴムバンドをきつく伸ばして自転車のフレームに装着します。

盗まれないように鍵をかけましょう。

bscycle-06

長め太めのワイヤーの鍵で、走行中には肩からかけると安全反射板の役割になるタイプもあるようです。(Amazon より )

空気入れ

スポーツ系の自転車のタイヤは常にパンパンにしておかないと、スピードも出づらくパンクもしやすいとのこと。タイヤに空気圧の仕様が書いてありますので、走る前に圧力計を見ながらいっぱい入れてあげましょう。ぼくのは6気圧でした。

bscycle-17

米式/英式/仏式とコネクタが3種類あって、アダプタで互換できる空気入れが多いようです。1000〜2000円くらい(Amzon より 空気入れ

泥除け・スタンド

ほとんどのクロスは、泥除けもスタンドもついていないので追加購入。

bscycle-07

雨天は走らないので泥除けはいらなかったかも。ちなみに後ろにしかつけなかったので、あまり意味もなしてません。。ホコリよけくらいにはなっているかな?(笑)

スタンドは多くの場合必要になると思いますので自転車屋さんで合わせて購入を。サービスで取り付けもしていくれると思います。価格は 1000〜2000円くらい。

すそバンド

すそが広い服を着てクロスをこぐと、右のギアにひっかけて破けます(経験者)。というわけで、特にスーツ通勤で使う方はすそバンドを買いましょう。

bscycle-14

服によってはもんぺみたいになるのが玉に瑕ですが、しょうがありません。。こちらも鍵と同様反射板になっているタイプがあるようです。(Amazon よりすそバンド)

ドリンクホルダー

長距離、といっても1時間くらい走るなら水分補給必須。市販のペットボトルがそのまま使えるドリンクホルダーがとても便利です。

bscycle-04

bscycle-05

丸ボトルでも四角ボトルでもがっりちホールドでしてくれます。ちなみに愛車の MARIN ちゃんは縦にも取り付けられるネジ穴あり。お手持ちの自転車を確認してみましょう。

Amazon より「Bikeguy ペットケージ (500mlペットボトル専用) ブラック」

これで 627円はお買い得。ドリンクの収納取り出しもさっとできてお勧めです。

ハンドルグリップ

クロスを乗り始めて2〜3日はおしりが痛く、スポーツ自転車はやっぱり乗り心地は悪いかななんて思いましたが、ハンドルとペダルとサドルの3点で平均して体重を支えるということを意識してからは快適に運転できるようになりました。最近ではこのサドルは柔らかいなぁなんて思います。

ただ、ハンドルの握りだけは丸いグリップを掴み続けると指が固まるような違和感が。こちらは結構な時間乗っても修正できなかったのでグリップを変更。

bscycle-10

エルゴノミクスタイプのグリップに。向きをうまく設定すれば、段差の不快なショックも吸収してくれてかなり快適です。お勧め。

Amazon より「ERGON(エルゴン) GP1 ロング Lサイズ HBG08001」

グリップの取り換えは、元のグリップをごじってハンドルから外すか(結構疲れる)、ゴムであればカッターで崩壊させて新しいものと付け替えます。

その際にブレーキ位置を奥に変えなければいけないかもしれません。この場合はブレーキワイヤーのテンションが変わるので要ブレーキ調整です。(気をつけて)

メッセンジャーバッグ

クロスには買い物カゴがついてませんので、荷物を運ぶために斜めがけができる小さめメッセンジャーバッグを持っていると便利です。

bscycle-08

サイクリングしていると同じもの持ってる人たまに見かけます。 定番なんでしょうか? 🙂

Amazon より「Manhattan Portage 1606VJR」と「[ManhattanPortage] ショルダーパッド LGサイズ SHOULDER PAD LG MP1001」

メッセンジャーバッグを使いながら自転車に乗っていると、結構ストラップが食い込んできますのでショルダーパッドをつけたほうが良さそうです。

パンク修理セット

遠出して自転車がパンクしたり故障したりしたら悲しいので、バッグには修理セットを忍ばせておきましょう。

bscycle-13

ポータブルの空気入れと、パンク修理セット。自転車に合わせて六角レンチ、ドライバーなども入れておくと良いと思います。

Amazon より「Panaracer(パナレーサー) ミニフロアポンプ [フットステップ装備] 米式/英式/仏式バルブ対応 BFP-AMAS1」と「 Panaracer(パナレーサー) タイヤレバー&パンク修理パッチキット [携帯用ポーチ付属] PTL-KIT」

携帯ポーチがお気に入り。

スマートフォンホルダー

走った記録を GPS から計測したり、地図を手軽に見るためにスマートフォンを装備。

bscycle-11

bscycle-12

Garaxy S4 ですが、うまく固定されています。

Amazon より「MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-500-STD] 」

サイドアーム側は段差の揺れにも耐え、かなりがっちり固定されますが、ある程度経過するとさすがに振動でフレーム側の固定ネジが緩むなどはしますので、念の為ストラップはつけておいたほうが良いです。気がついたらネジをきつくしめておきましょう!

Runtastic Roadbike

スマートフォンアプリ「Runtastic Roadbike」。 GPS から距離や速度を計測し、地図の情報と合わせて走行ログを記録してくれます。

bscycle-16

Pro 版を購入して使っていますが、アップダウンも計測してくれるのがお気に入り。総走行距離もでますのでやる気もアップ。

測定開始から2ヶ月で520キロ走行したようです。年内 1000 キロを目標にしていましたがこの調子ならいけそう。 北海道は自転車に乗れる次期が短いですが。。 😉

調べてみると札幌には距離が長めのサイクリングロードが結構あります。

サイクリングマップ/札幌市

建設局総務部自転車対策担当課では、市内一円のサイクリングロードを紹介する「さっぽろサイクリングマップ」を作成しております。

今日は豊平川を遡上して、滝野森林公園・滝野の森口まで片道約 20キロ。 1時間13分でした。帰りは思いっきり下りなので 45分くらい。

bscycle-15

途中上りが結構きつかったですが、たまたま走っていた練習中のロードの人と、サイクリングなマウンテンバイクな人をマイルストーンにさせてもらって無事到着。 🙂

さぁ、目指せ支笏湖片道 50キロ!(超上りらしい…)

オープンソースカンファレンス北海道 2014 WordPress & baserCMS セミナー

2014/6/21(土) に開催されたオープンソースカンファレンス北海道にて、WordPress と baserCMS のセミナー & ブース出展を行ってきました!

oscdo-2014-04

今年はSaCSS(sapporo.css)ブースも加わり、メンバーのみなさまのご協力のもと、無事終了することが出来ました。ありがとうございました。

baserCMS ブースには、福岡より海老庵さんも! baser に興味を持っていただいた方の質問にたくさん答えてくださいました。(さすが)

マリメロちゃん製作のわぷーと、コモモさん製作のべっしーのかぶりものにより、いつにもましてブースも華やか(!?)に。 OSC らしい演出で良かったです。 😀

oscdo-2014-00

WordPress セミナー

ショッピングカートのサンプルテーマを使って、カスタムフィールドやカスタム投稿、フィルターフックの使いどころなどを、スクリーンキャストで実際にカーソルを動かしながら紹介しました。

oscdo-2014-01

テーマの名前は wordCart。 実は baserCMS でつくった baserCart を OSC のために WordPress に移植したものです。

wordcart-01 wordcart-02

スクリーンキャストを使っている関係上、スライドだけだと意味不明なので、ここでは fucntions.php のコード断片を紹介しておきます。

商品の入れ物となるカスタム投稿と、カスタム分類の作成。

/**
 * カスタム投稿、カスタム分類タイプを追加.
 */
add_action('init', function () {
    register_taxonomy('item_tag',
        array('item'),
        array(
            'label' => '商品タグ',
            'show_ui' => true,
            'hierarchical' => true,
            'rewrite' => array('slug' => 'item/category', 'with_front' => false)
        )
    );
    register_post_type('item', array(
        'label' => '商品',
        'public' => true,
        'menu_position' => 5,
        'supports' => array(
            'title', 'editor', 'thumbnail', 'custom-fields'),
        'has_archive' => true,
        'rewrite' => array('slug' => 'item', 'with_front' => false)
    ));
});

商品に添付されたメディア(画像)をテンプレートファイルから取得する関数。

/**
 * 記事に添付された画像を取得.
 */
function the_images() {
    $images = get_children(array(
            'post_parent' => get_the_ID(),
            'post_type' => 'attachment',
            'post_mime_type' => 'image',
            'order' => 'ASC'));
    $img = array();
    foreach(array_keys($images) as $key) {
        array_push($img, wp_get_attachment_image($key, 'full'));
    }
    return array_reverse($img);
}

投稿ページを固定ページに割り当て、フロントページにカスタム投稿のアーカイブを出力するための pre_get_posts フィルターフック。

/**
 * フロントページに商品の一覧を表示.
 */
add_filter('pre_get_posts', function($wp_query) {
    // 管理画面かメインループではなかったら何もしない
    if(is_admin() || !$wp_query->is_main_query()) {
        return;
    }
    // フロントページなら投稿タイプ・商品を表示
    if($wp_query->is_home() && $wp_query->get('pagename') == '') {
        $wp_query->set('post_type', 'item');
    }
});

フロントページでカスタム分類アーカイブと同じテンプレートファイル(taxonomy.php)を使うために、選択されるテンプレートファイルを変更するための template_include フィルターフック。

/**
 * フロントページのテンプレートファイルは taxonomy.php.
 */
add_filter('template_include', function($template) {
    global $wp_query;
    if($wp_query->is_home() && $wp_query->get('pagename') == '') {
        return get_taxonomy_template();
    }
    return $template;
});

各商品の下に Trust Form プラグインで作成したフォームを配置するための、the_content フィルターフック。

/**
 * カスタム投稿・商品の時は注文フォームを記事の下に付与する.
 */
add_filter('the_content', function($content) {
    if(get_post_type() == 'item') {
        return $content . '<hr />[trust-form id=10]';
    }
    return $content;
}, 0);

今年は少し製作よりの内容とさせていただいたのですが、セミナーで伺ってみたところ、来られた方の半数以上 WordPress 製作を行われている方とのことで、実際にサイトを作る際のヒントになりましたら嬉しく思います。

baserCMS セミナー

baserCMS セミナーでは、スライドとスクリーンキャストで baserCMS の特徴を説明させていただきました。

スクリーンキャストなしだと短いですが、端的に baser の特徴が分かると思いますので、よければご覧ください。(スライドシェアにアップロードしたら、すごいフォントになったですが、ノリでご覧ください。。)

前日までの数十時間におよぶ準備や、WordPress から2コマ連続セミナーだったのもあり、途中から放心にて事前録画のスクリーンキャストの内容を忘れてしまい、ぐだぐだになってすいません。。セミナー後に途中からしにそうになっていたと聞きました。。

それでもセミナー後にブースにいくつも質問をいただいたり、アンケートで面白かったと書いてくださった方がいてくれたりで嬉しかったです! ありがとうございました。

OSC北海道 2014 大懇親会

終了後の大懇親会は、アサヒビール園にてジンギスカンパーティー 😀

oscdo-2014-02

後ろにいるのは…!!w

OSC運営スタッフのみなさま、お疲れ様でした!

翌日

OSC北海道の翌日は、海老庵さん、モリコ、マリメロ、コモモで美瑛・富良野観光へ。 🙂

oscdo-2014-03

ジェットコースターロードすごい。

来年のOSCも楽しみです。

baserCMS ショッピングカートコンセプトテーマ baserCart

第2回 baserCMS デザインテーマコンテストで「店舗系テーマ賞」を頂きました!第1回に続き、2回目の受賞となり嬉しく思っています 😀

受賞者発表!! | 第2回 baserCMS デザインテーマコンテスト

制作:こもりこめろましゃ
baserCart (basercart-1.0.0)
デザイン性と機能性が両立できる baserCMS を活かすべく制作したショッピングカートサイトテーマです。
森のお店をイメージしたかわいいデザインにしてみました。
デザイン、イラスト、レスポンシブを含むマークアップ、商品・注文管理を含むコンテンツ管理と、ウェブサイトで使われる重要な要素を盛り込み、baserCMS の性能をめいいっぱい活用したテーマとなっています。
[ 審査員からのコメント ]
baserCMSの機能を存分に活用した作品です。プラグインを使って簡易ショッピングカート機能を実現している所など、baserCMSの可能性を広げてくれた作品です。

制作は「こもりこめろましゃ」ということで、コモモ(デザイン・ライティング・テーマ部)、モリコ(HTML・JS)、マリメロ(イラスト)、ひろましゃ(プラグイン部)の4人チームで行いました。

テーマを basercms.net に配置していただいておりますので、以下から実際に動いているところをみることができます。ファイルのダウンロードは 3/28 から始まる「baserマーケット」からダウンロードできるようになるとのことです!

商品一覧|basercart

モリコママは、ちょっとおせっかいで、ちょっとおっちょこちょいなシマリスのおかあさん。不思議の森のみんなは、モリコママの手づくりお菓子がだ〜い好き。モリコママは、美味しい手づくりお菓子を世界中の人たちに届けたいなぁって思いました。

コンテストでは応募の多くが汎用的なテーマとなることを予想しつつ、独自の世界観と baserCMS の可能性を表現することを目標に制作を進めました。思い描いていた通り完成できて、賞もいただけて本当に良かったです。メンバーのみなさまありがとうございました 😀

かわいらしい見た目とともに、広範囲に baserCMS の機能を活用したテーマとなっています。このブログのエントリーをサポートサイト代わりにして紹介してみたいと思います。

公開サイト部分

サイトの訪問者が見える部分の構成は次のようになっています。

  • 商品一覧(トップページ)

basercart-publish-01

  • 商品一覧(タグ分類)

basercart-publish-02

  • 商品詳細

basercart-publish-03

  • ショッピングカート

basercart-publish-04

  • 固定ページ・ブログ・お問い合わせメール(baserCMS基本機能)

商品は一覧・タグ分類ができ、商品名や最大4種類の画像、価格の情報を持っています。また、ショッピングカートには注文フォームが用意されています。

少しだけ baserCMS 使われたことがある方には、これはどうやったんだろうと思われる部分だと考えますが、バックエンドの実装的には今回のキモとして定めた部分でした。

baserCMS のソースコードなどを見ると「Based Website Development Project」とあります。つまり、baserCMS は CMS のベースともなるソフトウェアです。

WordPress がシステムの持つデータの形にサイトを当てはめる CMS とすれば、baserCMS はデータの形ごと作成できる CMS です。

今回の応募したテーマを WordPress でつくれば、商品情報を投稿タイプとカスタムフィールドに、タクソノミーで条件抽出するような実装となると思いますが、baserCMS ではテーブル構成やそのリレーション・インデックスを1から設計することが可能です。

作成したデータの形は、スキーマ管理、ユーザ権限やファイルのアップロード、テーマシステム、管理画面用の部品などなど、baserCMS が持つ力をたくさん借りながらウェブサイトとして構成することができます。

管理画面

  • 商品管理

basercart-admin-01

basercart-admin-02

  • タグ管理

basercart-admin-03

basercart-admin-04

  • 注文管理

basercart-admin-10

basercart-admin-11

商品系では、商品の一覧・編集、画像のアップロードや、多対多で関連するタグなどを使うことができます。注文ではステータスの変更や、注文明細の閲覧をすることができます。

おそらくテーブル構成などは、管理画面からのご想像通りです。実はタグやスラッグなどの部分は WordPress に由来してつくったりしています。テーマのダウンロードまでお楽しみにです。

CakePHP 初挑戦なのもあって、モデルとコントローラが、エンティティとサービスよりに心がブレている部分なんかがあるのですが、少しづつ修正していきたいです。

うまくできたら、本テーマはひと通りやりそうな実装がそろっていのではないかと思いますので、どこかで時間をつくって「baserCartの作り方」的なドキュメントを書こうかと思っています。 🙂

最後になりましたが、baserCMS テーマコンテスト実行委員のみなさま、大変お世話になりました。ありがとうございました!